暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

泡瀬埋め立て 差し止め/県・市の支出禁じる/那覇地裁「経済的合理性なし」

やった! 東京新聞にも載りました。うれし涙が出ました。ごくごくたまにこういう裁判官がいるのですね。

*****沖縄タイムス記事

 泡瀬干潟の埋め立て開発に反対する沖縄市民ら約五百八十人が、沖縄市長と県知事に事業への公金支出の差し止めと、県知事に対して既に支出した二十億円を当時の稲嶺恵一知事と国に損害賠償請求するよう求めた訴訟の判決が十九日、那覇地裁であった。田中健治裁判長は、東門美津子沖縄市長が事業計画の見直しを表明していることを踏まえ、「現時点において事業は経済的な合理性を欠く」と指摘。沖縄市長に事業に関する一切の公金支出の差し止めを命じた。

 県知事に対しては、埋め立て事業の中心目的がリゾート施設建設を目的とした沖縄市の施策実現にあるとして、県知事に対して判決確定後の公金支出の差し止めを命じた。県知事に対し、稲嶺前知事と国に損害賠償請求するよう求めた訴えは、いずれも退けた。

 判決は、原告側がずさんと主張した事業の環境影響評価について「一応の根拠を示した予測がなされている」などとして、法令違反はないと判断する一方で、「不十分な部分が散見される」と指摘した。

 総合事務局の調査で生息が確認されなかった種があるほか、サンゴ類やサンゴ礁の生態系に対する予測で「検討が不十分」と判断。トカゲハゼに関する環境影響評価の予測と、その結果を踏まえた検討がなされていないと認めた。

 また宿泊需要や企業の進出予測などは、埋め立てが承認された二〇〇〇年当時の経済的な合理性として認める一方で、宿泊需要などの予測で「種々の疑問点が存するといわざるを得ない」と指摘。沖縄市の財政に与える影響についても、民間への売却がスムーズにいかなかった場合に、「大きな影響を与えかねない」と述べた。

 稲嶺前知事の当時の支出負担行為には、埋め立ての承認に違法性はないとし、国の損害賠償義務についても、環境影響評価に違法性は認められないとし、いずれも請求を退けた。

[ことば]

 泡瀬干潟 面積は約265ヘクタール。貝の上に寄生する巻き貝ニライカナイゴウナなどの新種が見つかっている。1980年代に干潟の一部を含めた埋め立て構想が浮上。計画を縮小した後、2002年に着工した。国と県による埋め立て事業費は計約489億円。昨年度までに約199億円が投入された。沖縄市は昨年12月、事業規模を半分に縮小し、既に着工した第1区域約96ヘクタールだけとする意向を表明。一方、国と県は計画通り進める考えを示している。

「実質 全面勝訴」/「泡瀬」差し止め判決/原告、歓声驚き



 「画期的判決だ」「実質的な全面勝訴」―。泡瀬干潟埋め立て開発に反対する住民らが、県と沖縄市に事業への公金支出差し止めを求めた訴訟で十九日、那覇地裁(田中健治裁判長)は原告の請求を一部認め、今後の公金支出に待ったをかける判決を言い渡した。傍聴席に詰めかけた原告や、裁判所の外で待機していた支援者から大きな拍手が起こり、「泡瀬干潟の埋め立て中止に向け大きな弾みになる」と力強く語った。被告の県や市関係者は冷静な表情で判決を受け止めた。

 「(将来分の)公金支出をしてはならない」。午前十一時すぎ、裁判長が判決を読み上げると、原告、被告側ともに息をのんだ。すぐに「一部勝訴」の垂れ幕を掲げた関係者が外に飛び出した。傍聴者から詳しい内容が伝えられると、原告や支援者らは歓声を上げ、手を取り合って喜んだ。

 原告代表の漆谷克秀泡瀬干潟を守る連絡会共同代表は、「びっくりしている。非常に評価できる判決だ。沖縄の将来に向けての英断」と声を弾ませ、「埋め立て中止を求める運動への大きな力になる」と喜んだ。

 原告や支援者約八十人は閉廷後、地裁近くの公園で〝勝利集会〟。法廷から出てくる原告や弁護団を拍手で出迎え、熱気に包まれた。

 泡瀬干潟を守る連絡会の前川盛治事務局長は「市や県の事業に合理性がないと司法がはっきり認めた。埋め立て工事中止に向け、大きな展望が開けた。完全勝利に近い判決だ」と評価。

 原田彰好原告弁護団長は、判決が確定しない限り、公金支出の差し止めができないことに触れつつ、「現時点で、司法が(工事に)合理的理由がないと認めた。行政側は計画を再検討するべきだ」。御子柴慎弁護士は「運動の高まりがこの結果を生み出した。事業にこれ以上支出することが違法だと証明された。埋め立て事業を中止に追い込もう」と声を張り上げた。

 「皆さんやりましたね」。同訴訟を支援する会の亀山統一代表は興奮気味。「全面敗訴の不安もあったが、裁判の中で積み上げられた事実を財産にすれば、今後につながると思っていた。われわれの主張が一部でも認められたことの意義は大きい。行政は司法の判断をしっかり受け止めるべきだ」と述べ、埋め立て事業中止に向け、さらなる運動強化を呼び掛けた。

決定的な影響

 五十嵐敬喜法政大教授(公共事業論)の話 費用対効果の問題を正面から取り上げて、経済的合理性が認められないと判断した非常に画期的な判決だ。極めて異例の司法判断で、初めてではないか。

 これまで公共事業をめぐる訴訟では、事業の公共性と住民の被害を比較して、公共性が上回るとするのがほとんどだった。道路特定財源の問題など、行政は費用対効果の検証にやっと取り掛かったところで、それを先取りしている。同種の訴訟だけでなく、行政にも決定的な影響を与えるだろう。

推進派「残念」

 泡瀬沖合の埋め立て事業を推進する「沖縄市東部地域を発展させる会」会長の當真嗣蒲さん(68)は、「非常に残念。良い方向の判決が出るものと思っていたが、合点がいかない。環境への配慮などもあるからこそ、私たち地元も計画を支持してきた。埋め立て計画は、長い歴史があるもので上物の計画は当然見直しが必要だろうが、こんな中途半端に埋め立てが終わったら、逆に環境に悪いのではないか。県が控訴することに期待したい」と話した。

「対応考える」
推進議員連盟

 沖縄市議会議員二十八人中、二十四人で組織する東部海浜開発事業推進議員連盟の新里八十秀会長は「これから議員に集まってもらい対応を考える」と話した。
[PR]

by lumokurago | 2008-11-19 21:48 | 沖縄
<< 「テロ」という言葉 ちらし >>