暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

メディアとガザ報道(広河隆一)

忘れてました。このこと、昨日書いたのですが、なぜかいきなり何かを更新するとかでコンピュータがシャットダウンしてしまい、全部消えて、がっくりし、やりなおす気力もなくなったものです。

昨日、NHK「クローズアップ現代」でガザについて特集したのですが、はっきりとイスラエル側に立つ報道で、「ハマースが先にロケット弾攻撃したのが悪い」と強調していました。東京新聞も似たり寄ったりです。私もパレスチナ問題は知らないことだらけですが、なぜハマースが選挙で勝つに至ったのか、民衆から支持されるのか? それには理由があると思います。暴力を肯定するわけではありませんが、ハマースの暴力はやむにやまれぬ「抵抗」なのではないでしょうか?パレスチナの人々がそれほど追いつめられ、自暴自棄になっているのはなぜなのか? 

NHKは識者として防衛大学校教授(立山良司氏)の意見を聞いていましたが、違う立場からもう一人、板垣雄三さんか広河隆一さん、または酒井啓子さんを呼ぶべきだったと思います。

ここに広河隆一さんのプレスリリースがあります。ぜひお読みください。

ガザ報道に携わるメディア関係者及び
その報道に接する人々へ

私はこの40年間、中東問題を専門に取材・発表してきました広河隆一といいます。岩波新書「パレスチナ新版」、「広河隆一アーカイブス・パレスチナ1948NAKBA」DVD(30巻・45時間)を発表し、月刊誌「DAYS JAPAN」の編集長をしています。
私は今回、メディアのガザ報道について、看過できない点が多くあり、大勢の人々が亡くなっている事件でもあるため、それについて私の意見を申し上げたくて、この文章を書きました。

以下はこちらです。「DAYSから視る日々」
[PR]

by lumokurago | 2009-01-14 22:27 | 平和
<< 「メディアとガザ報道」への意見 泡瀬干潟埋め立て中止を求め、東... >>