暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

政治の犠牲になる子どもたち

毎日新聞「近事片々」より

****以下引用

ガザ撤退完了、米大統領就任式に間に合わせるとか。もっと前になぜできない。そんな「政治の時間」のはざまで命を左右されてきた子供ら。理想を高々と掲げる、はるか海の向こうからの演説はどう響く。

****ここまで引用

お昼に入ったそば屋で耳にしたアメリカの子どもがオバマ大統領に望むことは・・・一人目が「もう戦争はやらないで」でした。日本の街頭インタビューでも一人目が「平和」でした。

しかし、1月17日の東京新聞、連載「オバマの時代⑤」の見出しは「期待の『変革』・中道へ『変節』露呈」でした。

****以下引用

(オバマ氏への「変革」への期待が広がっていることを述べた上で)だが、不人気なブッシュ大統領の右寄り路線をたたくだけで喝采を浴びた選挙戦が終わって3か月。オバマ氏は就任を前に、公約した方針や施策を左寄りから中道路線へ次々に転換し、「変節」ぶりが露呈している。

人事では「ワシントン政治を変える。利益誘導のロビイストを排除する」と大見えを切りながら、ロビー会社顧問ダシュル氏を厚生長官に、トマホーク巡航ミサイルを製造する軍需大手企業のロビイストだった副社長を国防副長官に指名した。

一貫して主張したイラク駐留米軍の「就任後16カ月以内」の撤退期限も、「現地情勢をみて判断する」と修正。経済対策も、勤労夫婦で千ドルの減税案などを発表しながら、公約した富裕層増税に触れず、減税の財源も明らかにしない。

テキサスA&M大学のジョージ・エドワード教授は「変革とは空虚な言葉だ。漠然とした言葉に人々は多大な期待を抱く。オバマ氏が現実主義者として対処すればするほど、失望が広がるだろう」と予測する。(テキサス州クロフォードで、立尾良二)

****ここまで引用

まだ大統領に就任していなかったとはいえ、イスラエル軍のガザ攻撃に対して、オバマ氏が批判的な発言をすることは可能だったはずであり、その発言の影響力はイスラエルに対して大きかったのではないでしょうか? 
[PR]

by lumokurago | 2009-01-20 21:51 | 平和
<< 三度、「インフルエンザワクチン... 「経済成長がなければ私たちは豊... >>