暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

がんになったら最後まで闘う?

医師らは余生重視 (出典:読売新聞)

がん患者の8割以上は、最後まで病気と闘うことを望みつつも、死を意識せずに普段通りに過ごしたいと考えていることが、東京大によるアンケート調査で明らかになった。

逆に、がん診療に当たる医師や看護師は、将来の病状の変化や余命を知って、死に備えることを重視する割合が多く、患者と医療関係者の間で価値観のギャップがあることが浮き彫りになった。

調査は昨年、「望ましい死」や「死生観」について、同大病院放射線科を外来受診しているがん患者や一般市民、同大でがん診療に当たる医師・看護師ら医療関係者を対象に実施。計1138人から回答があった。

「最後まで病気と闘うこと」に対しては、患者の81%と一般市民の66%が「必要である」と答えた一方、医師、看護師はそれぞれ19%、30%にとどまった。「身の回りのことが自分でできる」「死を意識せずに、普段と同じように毎日を送る」ことも、患者や市民の8~9割が「必要」としたが、医師では約半数だった。

一方、医療関係者は「残された時間を知っておく」「会いたい人に会っておく」ことを重視し、死への心構えなどの準備をしたいと考える傾向があった。

*****ここまで引用。

「最後までがんと闘うこと」が「必要」であると答えたがん患者は81%であるのに対し、医師は19%にすぎない。また、「やるだけの治療はしたと思えること」を「必要」としたのは、患者92%に対して、医師は51%である。

この差をどう見るか? 患者はがん治療に効果があると信じているのに対して、医師はがん治療の効果は少なく、副作用が大きいことを認識しているのだろう。近藤誠医師(慶應大学病院放射線科講師)が『患者よ、がんと闘うな』を出したのが1996年、あれから13年経って、近藤医師以外の医師も「患者よ、がんと闘うな」に近くなったのだと感じる。しかし、今検索してみたところ、近藤医師はいまだに手術や抗がん剤がさかんに行われていると言っていた。

自著を語る -「患者よ、がんと闘うな」から10年(文藝春秋)

私の状態も普通の病院に行っていれば、7月の時点で手術され、抗がん剤をすすめられ、知識がなく、医師のいいなりになる患者であれば、今頃は抗がん剤の何クール目かを下手すればまだ続けており副作用に苦しんでいただろう。私の場合、11月にPETで全身転移が確認されたので手術は意味がなかったということであり(もう治らないので)、同じ治らないならば一番体に影響の少ない治療を行っているので、理想的な経過をたどっている。

近所の玉川上水の緑を破壊する放射五号線のため、家が立ち退かされ、たくさんの木々が切り倒され、更地が目立ってきて、「ああ、こんなの、見たくない」とまたつらくなったけど、前のように「長生きはしたくない」と思うのはやめようと思った。沖縄タイムスには泡瀬干潟とヤンバルの森の自然破壊が載っていたけれど、私はまだ生きていなければいけないと思った(思うようにしている)。

 がんのことはそもそものはじめからちゃんと書いておこうと思っている。
[PR]

by lumokurago | 2009-01-26 21:49 | きままながん患者
<< 教基法違憲訴訟控訴審第2回で結審 カズさんから本間さんへのメールです >>