暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

医療被ばくを減らすために

1月17日高木学校(原子力資料情報室の故高木仁三郎さんの高木学校です)で「“がん検診”で寿命は延びるか」という講座が開かれました。第一部として高木学校・崎山比早子医師による「医療被ばくを減らすために」というお話がありました。簡単にご紹介します。

世界にあるCTの三分の一が日本にあり、日本では毎年1万人が医療被ばくによってがんになっているそうです(線量当たりの発がんリスクは被爆者87000人を60年以上追跡した結果が出ています)。職業被ばくには線量限度が決められている(1年で50ミリシーベルト、5年で100ミリシーベルトを超えない)が、医療被ばくには限度が決められていません。その理由は限度を決めてしまうと必要な検査や治療が受けられなくなるということです。つまり、医療においては被ばくによる利益がリスクを上回っているとされ、被ばくが正当化されているのです。

国際的には放射線に安全量は存在しないという合意がありますが、日本の医療界では放射線には安全量が存在するとされ、しきい値以下なら何回浴びても大丈夫とされています。しかし、放射線によるDNAの損傷はその細胞が生きている限り元には戻らず、放射線傷害は蓄積されます。

医療被ばくについては世界的に危機感があるが、日本では行政がとりあげないので、自分で記録することが大切だということです。

特にCTは被曝線量が10ミリシーベルトと多いとのことです。健康診断を受けたら寿命が延びたという医学データはないのですから、人間ドックなどは受けない方が懸命です。

*****

今日、乳がんを経験した友人に会って、この話をしたら、年に1回全身転移がないかを調べるためにCTを受けていたということです。もう4回も受けてしまったと言っていましたので、やめるように言いました。乳がんの治療後、全身転移があるかないかの検査をしても意味がありません。転移した乳がんはもう治らないからです。つまり、検査して早期発見して治療してもどうせ治らないのです。(なので、私のがん友たちはもう何年も病院には行っていません)。

ただし、乳房内再発、腋の下のリンパ節転移はそれだけなら命取りではありません。(乳がん以外のがんの場合は再発・転移共にもう治らないということ。つまり乳房はがんがいくら大きくなっても命に別条はないが、それ以外の命に直接かかわる器官のがんではその器官が働かなくなると死に至る)。

別な友人のお姉さんは乳がん治療後、なんと毎月マンモグラフィ(乳房X線検査)を受けているとのことで、やめるよう言いましたが、どうなったでしょう。この方は気の毒なことに、温存率が日本中でもいまだに非常に低い東京女子医大で治療したため、乳房を全部取られてしまったそうです。私に相談してくれればよかったのに・・・あまりにも気の毒なので、このことはとても言えませんでした。

みなさんのお知り合いが万が一乳がんになったら、忘れずに私に相談して下さい。
[PR]

by lumokurago | 2009-01-29 00:13 | 医療
<< 今日は疲れました 泡瀬干潟と浅海の埋め立て中止を... >>