暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

追悼 アレン・ネルソンさん

追悼 アレン・ネルソンさん   宜野座映子

 大切な友人、ベトナム戦争従軍元海兵隊員のアレン・ネルソンさんが亡くなった。

 訃報は、26日読谷村で行われた「ベトナムと沖縄~文化と平和の夕べ~」の会場に届いた。会場でアレンへの支援を呼び掛けたところ、参加者の温かい思いが伝わり胸がいっぱいになった直後のことだった。アレンのパートナー、アネッタさんは、「つらい闘病でしたが、最後は安らかで、私が手を握る中、息を引き取った」と知らせてくれた。

 2月に活動を始めた「アレン・ネルソン基金・沖縄の会」には、26日までに130万円余の募金が寄せられた。3月8日にはそのうち70万円をニューヨークの彼の自宅に届けたばかり。多額の募金にアレンは驚き涙した。これは13年間にわたり、身を削って戦争の真実を伝えてくれたアレンへの感謝のしるしなのだ。

 今、私の耳にアレンの声が聞こえる。「僕は決して語ることを止めないよ。だって、戦場に行った仲間は全員死んだんだ。生き残った僕は戦争の悲惨さを話さなければ。もし、一人でも僕に戦争の真実を話してくれていたなら、僕はどんなに貧しくても高校を中退して海兵隊に入ることはしなかった」という声が。

 20年かかって戦争体験による心的外傷後ストレス障害(PTSD)を克服した彼は、アネッタさんとともにベトナムへ謝罪に行った。会場で明らかに米軍が散布した枯葉剤の影響と思われる障がいを患った人々を見た時「涙が止まらなかった」と話してくれた。

 ところが枯葉剤の影響はアレン自身にも及んだのだ。医者はベトナム帰還兵がアレンと同じ種類のがんを発症していると指摘。アレンの命は奪われた。

 戦争は勝者も敗者もなく、ただ苦しみと悲しみだけを生んでいく。そして、その連鎖は今なお続いている。

 アレンはゴーヤーとテビチが大好物になり、サンシンを弾くようになった。この間の全国で講演回数は2000回にも及び、戦争の真実を語り続けた。それを聴いた私は「NO WAR!」を言い続けていこう。アレン、ありがとう。

(沖縄タイムス 2009年3月28日)
[PR]

by lumokurago | 2009-03-31 21:49 | 平和
<< ミャーちゃん 避妊手術 がんと闘わない生き方―乳がん患... >>