暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

母を虐待しています

 母を虐待しているので、自己嫌悪で、お風呂で鼻から水を吸ってみた。水は肺より先に頭に行くの? 頭がガンガンした。岡田由紀子さんでしたっけ(追記:清水由貴子さんの間違い、岡田有希子さんは86年に自殺したアイドル)介護に疲れて自殺した女優さん。私は母に関してはまだ「介護」までも行っていません。

 産んでくれた母に感謝できない。母が起きてくるだけで「うるさい」と思う。なるべく顔を合わせなくてすむように、昼前になってから起きる。その頃、母は寝ている。夕飯も時間をずらす。1日にかわす言葉は数語。

 たまに親切心を出して、「今日、何したの?」と聞いたりする。母は「覚えてない」と答える。

 夜中でも母はどこかが「痛い」と訴えてくる。さすがの私もかわいそうになって、昼間の仕打ちを後悔し、「うるさい」と言いたいのを我慢して、足をさすったりする。

 母はいつも「ありがとう」と言う。それでよけいにかわいそうになる。それなのに虐待する私なのだ。

 父も呆けてから「どうもありがとう」とよく言っていた。その声が耳に残っている。

 母は昔から私を無言のうちにコントロールしていた。「いい子であれ」と。

 私は両親にとっての「いい子」だった。でもそれで社会に適応できなくて、集団に入れなくて、人間になじめなくて、ものすごい苦労をした。だって、人間になじめなくては生きていけないのですもの。

 その苦労は幼稚園という社会に出てから、小学校、中学校、高校、大学、就職してからも、30年位続きました。ほんといってその片鱗を今も引きずっています。

 本当に生きにくい。それにいやなことばかり起こる。自然破壊、自由の喪失・・・。世界には戦争がなくなることはない。

 私はこれまで生きてきて幸せなことはあったのだろうか? 何も知らずにかわいがられた子ども時代。それが苦労の素だったと後に知るのだけれど。でも両親の「自分のため」ではあったにしても、かわいがられたことは間違いない。それが矛盾であり、ダブルスタンダードなのだが、一方では今でもよい思い出なのだ。

 母を愛せない。今、私の残り少ない生を邪魔してくるとしか思えない。母に産んでもらわなければなかった生なのに。
[PR]

by lumokurago | 2009-05-17 01:18 | 父・母・介護
<< 今日は大丈夫です 『戦争詐欺師』の感想 >>