暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

荻窪アイプラザの鍼の先生から

 腰痛がひどいので、間があいてしまう浦和の鍼灸院の他に荻窪アイプラザにも行き始めました。まだ5回位です。母のことなどそんなに話したわけでもないのに、鍼の先生が「手紙」のCDをくださいました。東京新聞にも先日歌詞が載っており、「身につまされるなあ」と思っていました。が、自分からCDを買おうという気持ちはなく・・・。というのはあまりにストレートだからでしょうか?

 手紙 ~親愛なる子供たちへ~
          原作詞:不詳 日本語訳詞:角 智織
          日本語補足詩・作曲:樋口了一


 年老いた私が ある日 今までの私と違っていたとしても
 どうかそのままの私のことを理解して欲しい
 私が服の上に食べ物をこぼしても 靴ひもを結び忘れても
 あなたに色んなことを教えたように見守って欲しい
 あなたと話す時 同じ話を何度も何度も繰り返しても
 その結末をどうかさえぎらずにうなずいて欲しい
 あなたにせがまれて繰り返し読んだ絵本のあたたかな結末は
 いつも同じでも私の心を平和にしてくれた
 悲しいことではないんだ 消え去ってゆくように見える私の心へと
 励ましのまなざしを向けて欲しい

 楽しいひと時に 私が思わず下着を濡らしてしまったり
 お風呂に入るのをいやがるときには思いだして欲しい
 あなたを追い回し 何度も着替えさせたり 様々な理由をつけて
 いやがるあなたとお風呂に入った 懐かしい日のことを
 悲しい事ではないんだ 旅立ちの前の準備をしている私に
 祝福の祈りを捧げて欲しい

 いずれ歯も弱り 飲み込む事さえ出来なくなるかも知れない
 足も衰えて立ち上がる事すらできなくなったなら
 あなたが か弱い足で立ち上がろうと私に助けを求めたように
 よろめく私に どうかあなたの手を握らせて欲しい
 私の姿を見て悲しんだり 自分が無力だと思わないで欲しい
 あなたを抱きしめる力がないのを知るのはつらい事だけど
 私を理解して支えてくれる心だけを持っていて欲しい

 きっとそれだけでそれだけで わたしには勇気がわいてくるのです
 あなたの人生の始まりに私がしっかりと付き添ったように
 私の人生の終わりに少しだけ付き添って欲しい
 あなたが生まれてくれたことで私が受けた多くの喜びと
 あなたに対する変わらぬ愛を持って笑顔で答えたい
 私の子供たちへ
 愛する子供たちへ

******

 父のことを思い出しました。父の人生の終わりにじっくり付き添いました。父は変わらぬ愛を持って笑顔で答えてくれました。後は、母です。母しかいないのだから、がんばろう。
[PR]

by lumokurago | 2009-05-26 22:34 | 父・母・介護
<< 伸びの天才・マロン ミャーちゃん特集 >>