「ほっ」と。キャンペーン

暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

どなたですか?

 昨日から突如、アクセスが増えているのですが、どなたですか? と聞くのも変ですかね? コメントはないので、その方面の方々でもないようですし、心当たりのある記事もしばらく書いていません・・・。おっと、このところTOPに「つくる会」教科書が変だと出していましたっけ。でも、そのせいではないようです。

 郵送版暗川を出していた時は、もちろんんですが読者が誰かはっきりしていました。出すたびに何通かのお便りをいただいていました。私の想像に反して、ネットを利用するようになってから、お便り(コメント)が減りました。ネットの方が気軽にコメントできると思いきや、逆だったというのはなぜ? 

 読者との交流という意味では、郵便の方が絶対的に濃かったです。読者からのお便りも載せていましたし、私と読者だけではなく、読者同士が知り合って、読者間の交流も生まれていました。

 いや、単にそういう「時代」だったということなのかもしれません。郵送版暗川を続けていても、いただくお便りは減っていたのかもしれません。今は、忙しいので字を書く暇もなく、気軽にブログを開設し、気軽に書き、気軽に読んで、気軽に通り過ぎていくのかもしれません。

 それにしてもこのブログは見てくれている人が少ないので、ほとんどが知り合いに違いないと思い込んでいたのですが、そうでもないのか?

 いったい、誰が見てるんですか? そんなこともわからないブログ・・・。「関係」には「なまえ」が大切なのに、ここではそれがわかりません。

 まあ、本を出せば誰が読むかわからないので、それと同じと言えばそうなのですが、「交流」ということを考えた場合、どうなんでしょう? 本と郵送版暗川の間なのかなあ? JANJANに記事を書いてもこうは思わないんですよね。JANJANは「本」と似てるのか。JANJANよりもずっと個人的なことを書いてるからか・・・。

 あとね、ネットで知り合った人とメール交換していて、「リアル」に会ってみると、そりゃもう、全然違うんですよね。「リアル」は生身の人間で、血が通っていて、たとえけんかになっても、メールだけの時とは全然違うと思える。
 
 ただの「化石人間」でしょうか?
[PR]

by lumokurago | 2009-06-05 23:34 | 未分類
<< 言ってみるもんだね 高嶋先生の公開授業(終了しました) >>