暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

慶応病院、行ってきました

 今日、近藤先生の診察に行ってきました。9時に行ったら、私を含め二人しかおらず、すぐ呼ばれ、がんのこと+医師不足や新型インフルのことまで聞いてきました。テープを起こしてまとめますので、お楽しみに。先生はこのブログをご覧になっていたらしく、若年性乳がんは非常に少なく、増えてもいないと教えてくださいました。本当は私も怪しいと思っていたのに、ネットに情報がなかったので、患者さん本人の言葉だけで、確かめずに書いたことを深くお詫びします。以前の記事は書きなおします(現在非公開設定)。

 水曜日は夜、最首悟さんの講義で小田急線鶴川(和光大学ぱいでいあ)まで通っているため、今日は疲れてしまいました。もう年ですな。

 書きたいこと(多くの人に知ってもらいたいこと)は山のようにあり、読みたい本もたまる一方です。最近は鬱状態だったこともあって、ほとんど外に出ず、家に閉じこもって本を読んだり、ものを書いたりしているのですが、追い付きません。

P.S.
 近藤先生と山田真医師(信頼できる小児科医)が対談で、最近の医師は検査に頼り、聴診器も当てないというようなことを話していました。自分の診断能力に自信がないから、検査漬けにするのですね。

 村山先生(私のもう一人の担当医・湘南東部クリニック)は検査漬けにはしないのですが、触診もしません。近藤先生は毎回触診してます。

 いろいろな予定もあるので、あとどれくらい生きられるのかを知りたいのですが、今現在症状もなく、こんなに元気な患者の余命がわかるわけがないのです。ということがわかっているので、聞きませんでした。うーん、あと1年なのか、数年なのか、5年なのか。。。運がよければそれ以上なのか、わかりません。。。

 こんなこと考えるのも、いのちが自分の好き勝手にできるものだと思っているせいでしょう。本当は自分ではどうすることもできない、与えられたものなのに。。。

 それに、がんと関係なく、明日事故で死ぬかもしれないのです。人間てつくづく自分勝手。
[PR]

by lumokurago | 2009-06-24 16:19 | 転移がんの治療(無治療)
<< 理学療法士が見た障害児療育の現... 大好きな石川憲彦さんの本 >>