暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「奥様」さんにお答えします 2

 よりよい社会を作るために人間の本質を見つめましょう

 匿名の書き込みには原則的にお答えしないつもりでしたが、一度だけお答えします。さらにご意見を言いたい場合は、お会いしてお聞きします。匿名でコメント欄に書き込みをされても、お答えできません。 

 人間個人とその人の住む「国」またはその「国」の人全体は区別すべきであるということ

 「奥様」さんの個人的な体験についてはお気の毒と思いますが、人間何人であっても犯罪者はいます。これは想像ですが日本人が日本人に家族を殺された場合は、犯人個人を恨むにとどまり、日本人全体を恨むところまではいかないように思います。同じ日本人同士だからでしょうか? 外国人に家族を殺された場合は、それが例えば在日朝鮮人であれば、在日コリアン全体、ひいては朝鮮人全体、中国人であれば中国人全体を恨むようになる人もいるのかなとは思います。それがアメリカ人であったらどうなのでしょう? アメリカ人全体を恨むようになる人もいるのでしょうか? 「奥様」さんはどうですか?
 
 どの「国」の人々であっても犯罪者もいれば、そうでない人もいるので、その「国」の人々全体を恨むのはどうかなと、私は思います。また、9.11で息子さんを殺された日本人の父親にはテロリストに報復しても暴力の連鎖を招くだけという理由で報復に反対した人もいるし、アメリカ人にもそういう人がいました。だから人間は誰もが家族を殺されて、犯人に報復することを望むというわけではありません。

 「奥様」さんが朝鮮人に土地を奪われ、在日コリアンがそういう犯罪を隠ぺいしたという理由で、在日コリアン全体を恨んでいらっしゃることは、そういう人もいるかなとは思いますが、日本が国として朝鮮半島を侵略して植民地とし、戦後も在日コリアンを差別し続けてきた歴史の事実とは別問題です。「奥様」さんが個人的に朝鮮人の犯罪の被害者だからといって(朝鮮人が犯罪を犯したことを理由に)、日本の国としての歴史の事実を消し去ることはできません。

 在日コリアンが朝鮮人の犯罪を隠ぺいしてきたとご主張のようですが、それを理由に日本が彼らに対して行ってきた差別をなかったものにすることはできません。

 「奥様」さんがそうかどうかはわかりませんが、「強制連行はなかった」「南京事件はなかった」「従軍慰安婦はなかった」と主張される方々は、日本人が残虐行為を行ったという事実を認めたくないという一心で、「なかった」という結論を先に設けて、事実を無視して後付けで物語を作り、理屈をつけているのです。それならばなんとでもいえるわけです。それらの歴史的事実は歴史学者の研究によって明らかであり、(本当は認めたくないであろう)日本国政府も認めざるを得ず、世界的にも事実と認められています。「なかった」という人たちはそれらの研究や政府見解、世界的な歴史認識を認めず、つまり事実を認めず、ただただ「なかった」と主張しているので、とても議論にはなりません。

 残虐行為を行ったことを認めることをなぜそんなにかたくなに拒否するのでしょうか? 人間というものは普段どんなにやさしい人でも、例えば「軍隊」という場で人殺しを強要され、洗脳され、「戦争」というような極限状態に置かれれば、残虐行為を行ってしまうものなのです。イラク戦争でも(まったく同じではないにせよ)残虐なことが行われています。また、「差別」問題も人間が人間である限りなくなることはないと思います。私自身も戦争となれば同じことをするかもしれないし、差別はたくさんしていると思います。「奥様」さんは自分は絶対にしないと言えますか? 

 人間というものは本質的にそういう弱いものなのです。だから、残虐なことを行ってしまった時、差別してしまった時は、事実を認め、人間の本質はそういうものなのだと自覚し、そうならないように意識的に生きていく必要があると思います。(残虐行為を行ってもかまわない、差別は別にかまわないと考えているなら別ですが)。

 人間なら誰でもが行ってしまう可能性のある残虐行為を認めることがなぜ「自虐的」なのか? もろもろの残虐行為を「なかった」と主張する歴史修正主義者の方々は、人間の本質を客観的に冷静に見ることから逃避し、自分の中にも存在する残虐性を見つめることから逃避している、つまりは自分の中の残虐性を見つめる勇気がないのだと思います。

 人間というものは理性を持ち、よりよく生きることを求めることのできる存在だと、私は信じています。よりよく生きるためには自分の本質を知って、自覚し、悪いところは改める努力が必要なのです。自分の本質から逃げようとするところに、人間としての進歩はありません。
[PR]

by lumokurago | 2009-07-12 23:42 | 嫌がらせコメント
<< 誤りを訂正し謝罪します 「奥様」さんにお答えします >>