暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

放射線治療終了

 近藤先生と相談した結果、放射線治療は昨日(計11回)で終了しました。いつやめるかはけっこうむずかしい問題だということでしたが、日常生活には困らなくなったので、いいとしました。それに放射線はこれから効いてくるということなので。

理由

 今後また同じ場所が痛くなった時のためにとっておく。放射線は限界までかけてしまうと2度と同じところにはかけられない。また、隣に転移が出た場合、照射範囲が数ミリでも重なると障害が出るが、もしきわどいところにかけることになっても今回の残り(14回)の分はかけられることになる。

 でも、がんを抑え込む(再発を遅らせる)ため、今、限界までかけておくという考え方もあるそうです。

 今日の近藤先生の話では、抗がん剤をやらない患者はほとんどいないということです。やっぱり・・・。先生も初めは抗がん剤もやっていたし、放射線も普通にかけていたそうですが、経験からいろいろ考えて、抗がん剤はやめ、放射線のかけ方も変えてきたそうです。

 私は素人ですが、治らないとわかっているのに(治るのなら別ですが)正常細胞までやっつけてしまう「毒」、それも化学兵器に使うような猛毒を体に入れることは、どう考えても生き物としての自分を大切にしないことのように感じるのです。それにがんも自分だし。死ぬ時は死ぬんだし。人間、寿命というものがあると思います。

 自分の生き物としての直感に正直に生きて死ぬしかありません。病院通いも終わったので、日常生活に戻って楽しく過ごしたいと思っています。
[PR]

by lumokurago | 2009-09-09 20:28 | 転移がんの治療(無治療)
<< 死んでもいいか?  走れます!! >>