暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

きむずかしいがん患者の心理

 このブログは本音しか書いていないので、正直な気持ちを書かせていただきます。

 人にがんが転移したと(会った時や電話で)知らせます。ごく身近な人たちの反応・・・

 「死なないで」 「あなたが死んだら困る」

 「裁判やり始めたのはあなたでしょ! 責任放棄するつもり? 許さない」

 「残念だ。平均寿命までは生きてほしい」

 「大切な人なのに」

 「まだまだ大丈夫だよ」

 「私より先に死んじゃだめよ」

 身近な人にこう言ってもらってすごーくうれしいです。

 でも、変にものわかりよい(?)対応の人や何かこの話題を避けてるような人、「がんが転移した」と伝えているのに、それに対して何も言わない人にはものすごく傷つきます。何と言ったらいいのかわからないのかもしれない、何も言えないのかもしれない、それはわかる。でも、みんなもう「いい年」でしょう? それに私の性格を知っているのでしょう? 思ったことをそのまま言えばいいのだ。

 とは言っても、「覚悟してるんでしょ。片付けなどもしないとね」と言われた時は、さすがの私も驚きました。いろんな人がいるなあ。(その人のことを別に悪く思っているわけではありません)。

 今日、電話で知らせた人は何も言ってくれず、すぐに用事の話にしてしまったので、私は「転移の話は今日初めてしたのに、何も言ってくれないのか」と言いました(涙が出ました)。そしたら彼女は「こういう年になってきて周りにも亡くなった人や病気の人が増え、どう考えたらいいのかわからない。自分のことも」と言いました。

 そうなのか・・・。私はがんだからずっと前から死について考えてきたのであって、普通の人はわからないのか、と思いました。彼女のことも認めなければと思いました(私より10歳も年上なんですよ)。

 無視されたことが悲しかったことと、そんなことを気にしている自分は心が狭いと思い自己嫌悪もあって、今日一日落ち込んでいました。今ようやく気力が出てきました。

 それにしても、私がこうやって人間ウォッチングしていろいろ書くから、「渡辺さんには近づきたくない」と言われたこともあります。その気持ちもわかるなあ。何も言えなくなってしまいますよね。でも、本当の友だちはいてくれるので、その人たちだけで十分です。どんな対応をされるか、また落ち込むかと思うと(私自身の人間ができていないせいもあります)、電話などでいろんな人に知らせるのはもうやめます。(私の友人にはインタネットなどやってない人の方が圧倒的に多い)。
[PR]

by lumokurago | 2009-09-15 21:04 | きままながん患者
<< 寝子たち 裁判所アクションのちらしと歌 >>