暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

先週読んだ本(メモ)

1、『我々はどこへ行くのか』 川良浩和著・径書房 2006

 NHKスペシャルを150本作った川良さんの力作。昭和天皇の死からベルリンの壁崩壊、冷戦構造終了後激しくなってしまった民族紛争、ヒロシマから見える世界、2001年9.11まで、文字通り激動の世界を圧倒的な取材力を持って番組作りをしたドキュメンタリストからのメッセージ。旅行中に再読しました。自信を持ってお勧めします。(「NHK特集」に替わる新番組「NHKスペシャル」の1本目、1989.4.9に放送された「拝啓 長崎市長殿ー7300通につづられた“昭和”」には私も一瞬映っています)。

2、『光市事件 弁護団は何を立証したのか』 光市事件弁護団編・インパクト出版会 2008

 10日に行われた死刑廃止の催しで興味を持ち、買ってきました。光市事件については無知でしたが、この本ですべてが心に落ちた気がします。「問われているのは司法の頽廃である」、帯の言葉です。安田好弘弁護士はじめ、事件の真実を明らかにした21人の弁護団に敬意を表します。

 この事件の場合被害者の夫の声がメディアを席巻し、影響力が大きかったようですが(私はテレビを見ないのでうわさで聞いているだけ)、マスメディアに煽られて弁護団の懲戒処分申し立てに動いてしまったおおぜいの人間・・・本当に恐ろしいです。先入観や偏見を持たずにまっさらなところから真実を見極めようとすることの難しさを教訓としたいと思います。

 今回の旅行で山陽本線「光」駅を通過してきました。少年の実名を出したルポも読んでみたいと思っています。
[PR]

by lumokurago | 2009-10-18 22:29 | 本(book)
<< 再掲! 杉並区狂句委員会迷言集 新型インフルエンザは自然に治る >>