暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

県民大会(全国の友人を訪ねる旅・その2)

 私は県民大会の前日、友人の家に泊まり、会場の宜野湾海浜公園までうるま市実行委員会の仕立てたバスに乗せてもらいました。途中具志川でそちらのバスに乗れなかった10人も乗せて、補助席までいっぱいになりました。たくさん人が集まりそうだ!
 
 私を含め、足の悪い人は会場のすぐそばで降ろしてもらい、お巡りさんに「こんなところで降りては危ない」とおこられました。(でも警備の警官は東京の集会に比べ非常に少なかったですよ。もちろん機動隊などいませんでした)。みんなは駐車場まで行って会場まで500m位歩いてきました。待っている間、道路は会場に向かう人で埋まり、人波に切れ目がありません。ようやっとみんなが来て、はぐれないように一緒に会場に行きました。

 途中、2年前の県民大会の時に知り合った兼城さんやダグラス・ラミスさんたちのグループが「軍命は今もつづいている」という横断幕を持ってチラシを配っていました。兼城さんには電話して「後でね」と言っていたので、「あーっ」と声をあげて再会を喜びましたが、残念ながらはぐれてはいけないのでゆっくり話す暇はありませんでした。(最近の読者の方は大好きなラミスさんの記事(JANJAN)をぜひ読み下さい。「護憲運動の重要性と限界」 C.ダグラス・ラミスさん講演会)。

 すでに野外劇場はいっぱいで、私たちは裏手の広場に入りました。舞台は見えませんが、声はちゃんと聞こえています。そこに真喜志さんから電話がかかってきました。さて、会えるか?

 と思って、探し始めたらすぐにこちらに向かってくる真喜志さんを発見。運よく、すぐ近くにいたのです。握手して、数日前にこのブログにコメントしてくれたshinakoさんを紹介してもらいました。彼女らは沖縄タイムスにも紹介された「ONE LOVE」というNGOで、仲井真知事、鳩山首相、オバマ大統領の写真に白いベストを着せて、メッセージを集めたり、道ばたにパラソルを広げて、フェイスペインティングなどのイベントをしていました。ジュゴンのぬいぐるみもあり、子どもたちがたくさん集まっていました。琉球新報に載った写真(下の記事の一番下の写真)はここで子どもがメッセージを書いているところです。 
c0006568_20524937.jpg

c0006568_20533381.jpg

c0006568_20541535.jpg
 この写真が「ONE LOVE」です。若者ががんばっているのをみるのは最高にうれしいものです。そして、少し坂になった芝生の木陰に三々五々と集まっている家族は小さな子ども連れも多く、基地反対という重いテーマにも関わらずピクニックに来ているようでした。

 県民大会についてはshinakoさんが詳しく書いていますので、ぜひこちらをお読みになってください。
 
 私は今回、足が痛いところ、思い切って来てしまったわけですが、県民大会に参加して元気をもらい、いろんな人にも会えて、本当によかったと思っています。そして、偶然に偶然が重なって2万人の中からあのようなUPの写真を琉球新報に載せてもらって、宝くじよりラッキーだったと思います。私の思いが伝わってプレゼントをもらったような気がしています。 
[PR]

by lumokurago | 2009-11-11 21:33 | 沖縄
<< ニンニクカズラ 県民大会 >>