暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

県内拒否 県民が判断

 沖縄でのことを書きたいのですが、24日の裁判の証人尋問の準備に追われているため、少しお待ちください。

 今日はダグラス・ラミスさんのインタビューを転載します。沖縄タイムス2009.11.7より

*****
 
 (前略・・・)日本政府の代表の発言を議論の中心にすると、米軍普天間飛行場の移設先を辺野古にするかしないかは、日本政府が決めるという雰囲気になる。だが、辺野古で造らないということはもう決まっている。世論調査、選挙、2000日続く辺野古の座り込みなどの非暴力抵抗などで、沖縄に新基地を造る場所はないと県民が決めた。本土に置く場所がないと言われても、それは本土の問題であり、沖縄で悩む問題ではない。

ー県外移設は困難だとの見方が政府内にある。

 空地や人口の少ない所、使われていない民間空港はある。「置く場所がない」とは置こうとすれば反対運動が起こる、という意味だろう。住民が反対する所では基地を造れない。ならば、辺野古、沖縄こそ造れない場所だ。

 一昔前、多くの日本人は日米安全保障条約に反対していた。ところが、最近はそのスローガンをほとんど聞かない。安保条約による在日米軍基地のほとんどを「遠い」沖縄に押し付けているからだろう。安保条約は沖縄の復帰以前、日本で決まった。沖縄は議論に参加しなかった。現在多くの日本人は、安保賛成らしい。その条約下にある基地を、条約がほしい人たちの所に置くことは珍しくない提案だ。

 たぶん政府は、沖縄の基地を本土に置くなら安保闘争が復活すると、恐れている。もし安保をめぐる大きな議論が本土で盛り上がれば今度は沖縄の声は無視されないだろう。

ー米政府は県外移設は困難だとしている。

 辺野古でなければという軍事戦略的な理由はない。北朝鮮を脅威に感じるならば、新潟県に、中国が脅威なら北京に近い場所に基地を置けばいい。基地を1カ所に集中させるのは軍事戦略上誤り。沖縄に基地を置きたいのは、占領して獲得した戦利品という意識が強いからというのもあるだろう。しかし、住民の抵抗で沖縄の基地が撤去されれば波紋はアジア中、世界中に広がる。

*****ここまで引用

 そうだそうだ。安保条約が必要だという人が一番たくさん住んでいる所に基地を置けばいい。つまり東京に!

 それに原発などの発電所も電気を一番多く使う所に作ればいい。つまり東京に! だって、安全なんでしょ!
[PR]

by lumokurago | 2009-11-14 22:34 | 沖縄タイムス
<< 今夜の電撃さんの削除コメント 治らない病気はあきらめるしかない >>