暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

業務連絡です(裁判官情報)

 と言っても、関係者は誰もこのブログを見てない(笑)。

 今日、新石垣空港のもう一つの裁判(一つ目は空港設置許可処分の取り消しを求めるもの、2つ目は共有地主の土地を強制収容するための事業認定の取り消しを求めるもので、今日はこちら)の第2回口頭弁論がありました。この裁判、初めて傍聴したのですが、なんと!裁判長が三井グランド裁判の杉原則彦裁判長でした。

 先日の「おかしすぎるぞ!裁判所」アクションは主催者が教育裁判関係者だけだったので、杉原は入れてなかったけど、環境裁判が主催者だったら、確実に「不適裁判官」の一人です。

 この杉原裁判長は原告適格を広げたと言われる小田急大法廷判決(従来、原告適格があるとされるのは問題の土地の所有者や直接利害関係のある者だけだったが、周辺住民にも影響は及ぶとし原告適格を認めた画期的な裁判とされる)と密接に関わる最高裁調査官でした。その杉原が三井グランド裁判では原告適格で門前払い(原告には直接の利害がないので裁判を起こす権利がないとし、内容に入らない)したのです。

 こんな裁判長が担当とは!! でももしかして、政権交代したから、その影響があったりして・・・。

 この裁判体の書記官がなんと、私たちが本人訴訟で初めての裁判(「つくる会」教科書採択取り消し裁判)を起こした時の書記官Oさんでした。「お久しぶりです」とあいさつしました。Oさんには大変お世話になりました。右も左もわからない私たちに裁判のてほどきをしてもらいましたので。

 そして、私の質問にていねいに答えてくれるOさんを黙認していた東京地裁民事第X部書記官室は声にこそ出さないけれど、私たちを暗に応援してくれていたのです。(私とOさんの会話は全員に聞こえていたにも関わらず、主任書記官ですら黙認してくれていたのですから)。

【追記】

 杉原則彦裁判長は2009年12月、沖縄密約に関わる裁判で吉野文六元外務次官に「密約はあった」という証言をさせました。これも政権交代の影響が大きいでしょう。歴史に残る裁判です。(2009.12.30)
[PR]

by lumokurago | 2009-11-17 23:28 | その他裁判関係
<< 再び放射線治療(乳がんの骨転移) 奥間ダムストップ!! >>