暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

うつ病激増と抗うつ薬普及との相関関係

 今日の東京新聞「こちら特報部」は興味深かったです。「うつ病100万人突破」は「抗うつ薬普及と相関関係」にあるというのです。うつ病(グラフにある「気分障害」のほとんど)の増加の背景としてまず指摘されるのは、長引く不況とそれによる雇用情勢の悪化だが、抗うつ薬の普及と患者増との関連を指摘する声もあるそうです。
c0006568_192038.jpg
東京新聞より

 「なぜうつ病の人が増えたのか」の著書がある冨高辰一郎パナソニック健康保険組合メンタルヘルス科部長は、99年に日本で選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)が抗うつ薬として発売されたことを重視し、精神疾患の休職者も99年頃を境に急増したと言い、「この薬が導入されると、うつ病の患者や休職者数が爆発的に増える現象は、英米仏など欧米諸国でも共通して起きている」と指摘。

 冨高氏は「発売とともに製薬会社を中心に、うつ病啓発活動が進められる」と言います。啓発活動は①うつ病は風邪のように誰でもかかる②適切な治療で治る③早期受診が必要―と呼びかける。病院で受診すると、服薬を勧められ、受診者はうつ病患者に数えられる。休養を勧められると休職者も増えていくという構図だそうです。

 しかし、「誤解だらけのうつ治療」などうつ病に関する著作のあるジャーナリストの上野玲氏は「セロトニンなどが不安定化して起きるといううつ病の発病メカニズムは仮説にすぎない。抗うつ剤は万能薬ではない」と指摘し、環境要因にも目を向け、患者が自らを見つめて改善策に気付く場をつくる試み(うつコミュニティ―患者同士の話し合いなど)に取り組んでいるそうです。

 また、蟻塚亮二沖縄協同病院心療内科部長は、「発病時と同じストレス状況に置かれても対処できる能力を身に付けること」が回復への道と言います。「ストレス対処力を付けるには、かつての価値観と距離を置き、物事を違うものさしでみることが大事。今までと違う人生の軌道に乗り替えるのは患者自身であり、薬よりも患者が治療の主人公にならないと、うつ病は治らない」と提言しているそうです。

 私は、父自身も家族も非常につらかった介護経験から重いうつ病になりましたが、薬(SSRI)は効かないと感じて途中でやめてしまいました。結局、時間が解決してくれたように思います(「時薬」というそうです)。一昨日、乳がんのホルモン剤をタモキシフェンという薬に変更するに当たって、「前、副作用でうつ病になっちゃったけど、今は元気だから飲んでみる」と近藤先生に言ったら、「副作用だけじゃないかもしれない。それに今『うつ病』とさかんに言われているのは『うつ状態』だと思う」とおっしゃっていました。同感です。

 最近、マスコミあげてのうつ病早期発見のキャンペーンが目に余りますが、それも薬を売るためだったのですね。納得。自殺者を減らそうというキャンペーンも「うつ病」を早期発見して薬へ誘導しようという意図がみえみえです。

 少し前にはC型肝炎へのインターフェロン治療のキャンペーンがすごかったですが、数年後にはもっと効き目のある薬ができるそうなので、在庫を使い切りたいためだったのではないでしょうか? うがちすぎと思われるかもしれませんが、薬害エイズのことを思えば、どんなに疑っても疑いすぎるということはありません。
[PR]

by lumokurago | 2009-12-20 19:03 | 医療
<< 少子化、別にいいんじゃないの? 建築中のマンション〝取り壊し〟 >>