暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ワクチンについて追記

 18日の「赤ちゃんに必要な予防注射はない」の記事に【追記】をつけました。参考にしてください。

【追記】以前少し引用した『常識はウソだらけ』という本にワクチンのことが書いてあったことを思い出しました。

近藤:インフルエンザのワクチンに関しては、子どもについて調べたデータがあります。今までインフルエンザにかかったことのない子どもたちに毎年ワクチンを打っていくと、最初の年は予防効果があり、インフルエンザにかかる子が少なくなるのです。
 
 ところが、何年もワクチンの予防接種を続けていきますと、最終的にはインフルエンザに感染した延べ人数が同じになります。インフルエンザへの免疫力をつけるためには、毎年ワクチンを打ち続けなければ効果がありません。ワクチンではしっかりした免疫力がつかないためです。一方、一度もワクチンを打っていない子が一度インフルエンザにかかりますと、強い免疫力が生まれてその後もインフルエンザにかかりにくくなります。

日垣:つまり、今年はA型のインフルエンザにかかってしまったとしても、来年はA型とB型と両方のインフルエンザにかかりにくくなるということですか。

近藤:どうもそういうことなのです。A型のワクチンだけを打っていても、B型のインフルエンザが大流行した時には罹患してしまいます。毎年同じ型のインフルエンザが流行するわけではありませんから、結局のところワクチンを打とうが打つまいが意味がないのです。

有村アナ:ワクチンの力を借りるのではなく実際に自分がインフルエンザにかかって得た免疫力の方が数倍も強いということですね。

近藤:インフルエンザに限らず、ほかの感染症のワクチンについても同じことが言えます。ワクチンで免疫を得るよりも、自然に病気にかかったほうが免疫が一生持続したり、また、アトピーにかかりにくくなるということがどうもあるようです。・・・中略・・・

 アトピーにかかるかどうかは、現代生活のスタイルが関係しているのです。昔は青洟の子どもがよくいたでしょう? 青洟が出ている状態とは副鼻腔炎ということでして、青洟の中にばい菌がいっぱい入っているわけです。ハナタレ小僧がいなくなった代わりに、みんなが清潔な生活を送るようになってしまいました。その結果、アトピーの子どもが増えてきたわけです。子どものときには多少汚くしていながら、ある程度いろいろな感染症にかかったほうがアトピーに関してもほかの病気に関しても有利なのですよ。

*****

 近藤先生の患者の一人(もう一人の友人)はアトピーのあったお嬢さんに予防接種を全く受けさせなかったそうですが、どこからも何も言われず、生きにくいということもなかったそうです。30年以上前の話なので世の中もこれほど管理されておらず、何事ものんびりしていたのでしょう。
[PR]

by lumokurago | 2009-12-22 11:50 | 医療
<< この痛みは何か?(記録) 少子化、別にいいんじゃないの? >>