暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

かたくりに群がるカメラマンたち(Cameramen gatherd around flowers)

 電車を降りてバスに乗ったのは私一人だったのに、カタクリの名所は土曜日ということもあってか、大変な人出でした。車で来る人が多いのでしょう。
 昨日、澤地久枝さんの講演会があり、800人集まって会場が人でいっぱいの盛会でした。澤地さんのお話を初めて聞きましたが、話したいことがたくさんあって早口で次々に話される感じで、小気味良く批判もされるので、聞いていて気持ちが良かったです。中にアメリカに滞在していらした時の話で、昔は原子力潜水艦が寄港するのに反対して人が集まったものだが、今は物見遊山で見に行く日本人が多いとのこと。世界で最初で最後(になってほしい)の被爆国(他の被爆問題もあるが)の人間がそういうことをするのは節操がないとおっしゃっていました。他にもたくさんのことをおっしゃっていましたが、この話を取り上げるのは、私も日本人は節操がないと思っているからです。
 私はカタクリの里で立派なカメラを構えたカメラマンたちが群がっているのを見て、写真を撮る気をなくしてしまいました。日本のどこが不況なのだろうとまた思いました。日本とはほとんどの庶民がこんな立派なカメラを持ち、写真を楽しむことのできる国です。この日本の物の氾濫の裏に、第三世界の貧しさがあります。私たちのこの暮らしは、第三世界を犠牲にして成り立ってきたものだということを、忘れてはならないのではないでしょうか。(その上私の考えでは、物の氾濫は決して人間にとっていいものではない)。
 私たちがこんなことをして楽しんでいる間にも、世界では戦争が続いています。日本国の首相が戦争に賛成しているので、日本人ひとりひとりにもこの戦争には責任があると言えるでしょう。そして今、日本国憲法第九条が危機に瀕しています。
 例えば、カタクリの里に集まった大勢の人たちが「アメリカはイラクから出て行け」と声をあげれば、電車に乗っているみんなが「憲法九条を守ろう」と声をあげれば、政府も無視できないでしょう。どうしてみんな声をあげないのだろう? などと考える私がおかしいのだった。みんなは戦争に賛成なんですよね。憲法改正に賛成なんですよね。信じられないけど。(署名してくれなかった集会所の人たち参照・・・「国家なのだから君が代を歌うことは当たり前」カテゴリ社会)
 戦争に賛成の人もいる(というよりそっちが多数派)のが現実。日の丸・君が代も国家なのだから歌って当たり前なんですよね。でも嫌な人もいるのです。押し付けるのだけはやめてくれませんか? でも、「強制以前の問題」だった。こんな考えの人たちが多数派だなんて、日本にはすでに憲法(基本的人権・思想信条の自由)なんてないも同然なのでは?
 こんなことを考えてしまうから私は日本人が大勢いる場所が大嫌いです。それで早々にカタクリの里を引き上げて、誰もいないハイキングコースに行きました。
 今日は澤地さんに励まされて久々に言いたいことを言いました。

Though it was only me that got off the train and got on the bus, the famous place of Katakuri flowers was very crowded. I thought that there were many people who came by car.
Yesterday we had a lecture. The meeting place was full of 800 people. The speaker was Hisae Sawachi who was one of the nice nonfiction writers in Japan. I listend to her for the first time. I was very glad to hear because she criticized Japanese society so sharply talking fast having too much to say. In her stay in the US she saw many Japanese who went to see the atomic submarine as sightseeing. In the old days there gathered many poeple in opposition against the calling of the atomic submarine. It is law principled of them to do such a thing because they are the people of a country bombed for the first time and the last time(hope), she said. Besides this story she told many things. It's why I picked up this story that I think Japanese people are law principled too.
I got not to want to take photos seeing many cameramen gathering around Katakuri flowers. I thought." Is Japan really in the depression? No." Japan is the country that most of the common poeple have these expensive cameras and can enjoy taking photos. There is the poverty of the third world in the backside of this flooding of thing in Japan. I think that we should not forget the fact that our lives are standing on the sacrifice of the third world. And I think the flooding of things isn't good thing for human beings.
While we enjoying these things the war is continuing in the world. I think that every Japanese has responsibility for this war because the premier of Japan is approves this war. And now Article 9 (that says we will abandon the war forever) of the Constitution of Japan is in a critical situation.
For example if many people gathered to see Katakuri flowers began to rise against the war saying " Get out of Iraq and go home, Americans" or who are on this train began to say"Let's protect Article 9" . the gverment will not be able to ignore them. Why don't they rise? Oh, I made a mistake thinking like this. Because most Japanese approve this war. They approve the change of Article 9 too. I can't believe!
There actually are some people who approve the war. Not some. They are majority in Japan. They say that it's a matter of course to sing "Kimigayo"(means the emperor's world)because it is the national song. (Goverment set it Japanese national song inspite of many opposition. We oppose this song because it was used in the World War 2.)But there are people who don't want to sing. Please don't force us to sing. I think there has already been no Constitution (Human rights, Free of thought, article of faith) in Japan because these way of thinking is majority.
I hate the place where many Japanese are because I think these way. So I got out of the famous place immidiately and went to the hiking course where was no people without me.
I said what I want to say after a long time encouraged by Hisae Sawachi.
[PR]

by lumokurago | 2005-04-02 18:15 | 社会(society)
<< またもやシーザーのそっくりさん... 笑い猫 (Smiling cat) >>