暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

病院の話題もうひとつ

先日までとなりのベッドにいた方はまだ60代半ばなのに重病でものすごく痛がっていた。聞こえてくる医者の話から推測するとこういうことのよう。透析をつづけ、血管が弱くなって人工血管をいれる手術をし、そこに抗生物質耐性菌がはびこって、抗生物質が効かず、結局人工血管を撤去。しかし耐性菌はなくならず医者もお手上げ。そのうえ治療の途中で薬しんが出て痛がっている。もう半年も入院しており、毎日何度も医者がぞろぞろ来る。御本人はけなげに耐えているが-人体実験だよ-ともらしていた。別の病棟に変わって行ったのだが、最後の頃、薬の副作用か半年も病院で単調な生活をしているせいか、その両方か、妄想幻覚が出るようになってしまった。
近藤先生が-入院は危険だ-と言ってたがそのいい例だ。

ここに書いても個人は特定できないので問題ないと思います。日本の病院の実態の一例として読んで下さい。
近藤先生はあなたは仕方なかったけど、入院すると歩いていた人が歩けなくなり、管理され、できていたことができなくなる、入院は危険だからできるだけさせたくないと言ってました。私の場合は絵とはりえやってたからよかったよ。友達のありがたさが身に染みて簡単には死ねない、生きなくちゃという強い気持ちが出てきたし、入院してよかったと思います。今日退院だよ!後4時間ほど!厄介な携帯からの投稿もこれで終わり。椅子に座っているのが一番痛いのでPCの前にどれくらい座っていられるかしら。ベッド上で使えるし、次の入院に備える意味でもノートを買ったらという話も。

では次は我が家からお送りします。
[PR]

by lumokurago | 2010-02-18 05:30 | きままながん患者
<< 雪 春 >>