暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

理解不能な科学信奉

  次期ノーベル賞候補と言われていた戸塚洋二さんの「がんと闘った科学者の記録」(立花隆編)、ディヴィッド-リーフ著「死の海を泳いでースーザン-ソンタグ最期の日々」について、同じ科学者或は思想家でありながら、近藤誠さんや網野皓之さん、最首悟さん、石川憲彦さんと比べ、なぜここまで科学信奉と反科学に考え方が分かれるのか、よく考えてみたいと思っていました。

  戸塚洋二さんは転移性大腸がんでしたが、あらゆる抗がん剤を次々に試し、科学者らしくデータをとって、がんの大きさや腫瘍マーカーの値の変化をグラフに表しています。抗がん剤を試すことは彼にとって当然の前提であり、そのことに一瞬の疑いも持ちません。抗がん剤はがんに効くと信じきっており、転移がんも早期発見して抗がん剤治療をすべきという科学信奉の最たるものです。

  それに対して世界中の何千という医学論文を読んできた近藤先生は、白血病、悪性リンパ腫など一部のがんを除き、固形がんには抗がん剤は効かないという結論に達し、がんは早期に発見しても意味がないので無駄であるばかりか、身体への侵襲のひどい治療を避けるためには無症状のうちには発見しない方がよいと主張しています。術後補助療法の抗がん剤やホルモン治療も寿命を縮めるだけであり、また、転移を早期に発見しても意味がないとしています。がんは転移したら治らないので、症状が出てからの対処で十分という考え方なのです(一部のがんを除き抗がん剤は効かない)。

  少し前にNHKで立花隆さんが取材して、がんについて特別番組を放映していました。ご覧になった方も多いと思います。その中で立花さんはアメリカの最新の研究なども取材しながら、がんは将来的にも治るようにはならないだろう、抗がん剤に効き目はない、自分は(たしか)膀胱がんだが、今後転移しても抗がん剤治療は行なわないと結論づけていました。近藤先生の考え方と同じです。

  立花さんは戸塚洋二さんの本の編集者であり、生前、メールをやりとりし、死の直前にはインタビューも行なっていますが、戸塚さんの抗がん剤治療一辺倒に対して、何も意見を述べていません。立花さんが急にNHK番組のような考え方に変わったとも思いにくいので、なぜ戸塚さんに抗がん剤への疑問をひと言も述べなかったのかには非常に疑問があります。もちろん死の直前には言いにくいでしょうが、戸塚さんと立花さんとは以前からの知り合いであったようです。相手が次期ノーベル賞候補の科学者であったので言いにくかったということなのでしょうか?  それにしては誰もが見るNHK番組で抗がん剤治療を否定しています。戸塚さんがあまりにも科学信奉なので言い出せなかったのかもしれませんが、この本では抗がん剤治療について何も言及しておらず、NHK番組で急に否定にまわったので、驚きました。

  (立花さんは神戸の酒鬼薔薇事件ー冤罪ですーでも大きな過ちをしています。検察庁の検事調書をA少年が犯人であるという前提で週刊新潮に公表し、国民全体にA少年が犯人であると印象づけたからです。しかしこの検事調書は非常に問題のあるものでした。この事件が冤罪であることについては松川事件の弁護士であった後藤昌二郎弁護士の著書はじめ何冊もの本が出版されています。いずれ余裕があれば紹介します)。

  ところで、スーザン-ソンタグさんも1%に賭けて(本当は1%もなかったのではないか?)骨髄移植を行ないます。彼女は今後の医学の進歩によって不老不死も夢ではないとまで息子と語っています。彼女は「私は生活の質などに興味はない。自分の命を救うために、あるいは長引かせるために、打てる手はすべて打ってもらいたいーーそれがどんな大博打であっても」というほど、「生」に執着を持っているのですが、私にはまずその気持ちが全く理解できませんでした。彼女がなくなったのは71歳です。30歳や40歳ならともかく(それでも違う考えの人もいることでしょう)、70年も生きてきて、なぜそんなに執着するのか?  

  だいたい人間がみんな不老不死になったら、地球上は人間であふれてしまいます。そうなればますます地球環境は汚染され、破壊され、動物たちは絶滅していくことになります。なぜ人間だけにそんな暴挙が許されるのでしょうか?  人間は自然の一部なのであること、死ぬのが自然なのだということがなぜわからないのでしょうか。

   おそらくこのあたりが科学信奉者と反科学論者の分かれ道なのではないでしょうか。近藤先生も何かの本で地球環境が破壊されていく一方なのに経済成長を止めようとしないことについて否定的意見を述べていました。戸塚洋二さんは科学の進歩によって原子力発電所の事故も防げる、これからは原発を増やしていくべきだと述べていました。しかし、うっかりミスをしない人間はいません。人間が操作している限り、原発の事故はゼロになることはありません。将来、決してミスを犯さないコンピュータが人間なしで原発を操作するようになるのでしょうか?  そのコンピュータは永遠に壊れないのでしょうか?  定期点検をするのも決してミスをしないコンピュータとなるのでしょうか?  そうなった時、人間は何をするのでしょう?

  それとも小さな事故が起こり、数人が犠牲になるのは国民全体のためには仕方がないという考えなのでしょうか?  近藤先生は治らないがん患者を使って抗がん剤の毒性を試す治験の非人間性から、治験はいらない、彼らを犠牲にしてまで抗がん剤を開発する必要はないと言っています。

  というわけで、科学信奉者と反科学論者とはたった1人の人間や動物を大切に思うかどうかの違いではないかとの結論に達しました。水俣病に長年関わってきた最首悟さんが反科学論者であることも納得がいきます。科学の発展で公害はなくせると考えるのか、しかし、その過程で犠牲者が1人でも出るならば、発展はいらないと考えるのか。私は科学がいくら発展しても自然に勝つことはないと思います。科学の発展が人間らしい生活を破壊してきたと感じています。昔に戻ることはできませんが、だから、あまり長生きしたいとは思いません。

  
[PR]

by lumokurago | 2010-02-28 20:28 | がんと闘わない生き方
<< 今日のミャーコ ルール違反 >>