暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

診察日

  Dr.Kの診察日でした。レントゲンを撮ったところ、大腿骨頸部の転移は今すぐに折れそうということでもなく、痛みもないので様子を見ることになりました。左上腕骨は今のところたいしたことはないとのこと。

  1月にホルモン剤をそれまで飲んでいたフェマーラからタモキシフェンに代えたのですが、その頃から骨転移が急激に進んだので、フェマーラがそれなりに進行を抑えていた可能性があるのではないかと質問したところ、それはあり得るとのことでした。Dr.Kは「食欲がないんでしょ」と言って、最強のホルモン剤であるヒスロン(副作用は食欲増進)に代えようと言うので、もっと弱いアロマシンなどはもう効かないと考えるのかと聞いたところ、「効くか効かないか試している間にどんどん悪化するのがおそろしい」と。うわあ、そんなに悪いのか・・・。あとどの位なのかなあ?  

  と余命を尋ねたところ、一瞬むずかしい顔をして考えていらっしゃいましたが、こうおっしゃいました。

  「来年の今頃まで生きられたらうまくいった方だということになる」と。わー、やっぱ、あの八ヶ岳の雪景色は見納めだったのか。ストックの花もキンセンカも庭の雪割草も見納めか・・・。妹が涙を拭いていました。ごめんね。

  西荻に越川病院という緩和ケア病棟(ホスピス)もあり、在宅医療もやっている病院をみつけたけど、「近い」ということと、信頼できる医師(網野皓之先生)とどちらがいいと思いますかと聞いたら、「自分で決めるんじゃないの?」と言われてしまったので、思わず吹き出してしまいました。「自分で決める」・・・懐かしい言葉です。乳がん治療の原点です。「とにかく会いに行ったら?」と言われたので、越川病院にも行ってみることにしました。一度会っただけじゃわからないと思うけどね。

  それから麻酔科から出されている薬を見て、「こんなにいろいろ出てるのか。全部、飲んでるの?」と。私もそう思ってましたよ。でも飲んでいます。どれが効いているのかわからないし、今更副作用を気にしても仕方ないし、とりあえず全部飲んで痛みがコントロールされているからです。「自分でチョイスしてみれば」と言われました。研究のため、やってみるか。

  元気なうちに往診してもらうように麻酔科からいわれているので、そろそろ網野先生にも連絡してみなくちゃ。Dr.Kは1週間で何か症状が出て、すぐに悪化することもあり得るとおっしゃっていましたが、本当なのか?  こんなに元気なのに信じられないけど、本当なのでしょう。覚悟しなければ。

  1日1日をますます大事に生きて行かなければならないけど、何をしたらいいのか優先順位が定まらずに困っています。来週は、遠方から会いにきてくれる人が何人もいるので、それがとても楽しみです。

  昨日、来てくれた人は近所に住む職場の友人で、昔はよく会っていたけど、ここ10年くらい会っていませんでした。生きているといつでも会えると思っているんだよね、とのこと。そうですね。死んでしまったら会いたくても会えなくなってしまいます。当たり前だけど、普段はそんなことは忘れている。特に最近は友だちに会ったり、手紙を書いたりすることが極端に少なくなっているような気がします。忙しいせいでしょうか?  それだけじゃないような気がします。人と人との関係が疎遠になってきているような気がします。そんな中、こうしてみんなと最期のお別れができる私は本当に幸せだと思います。
[PR]

by lumokurago | 2010-03-17 18:08 | 転移がんの治療(無治療)
<< 若い人から贈られた言葉(松涛弘道) うちの庭のユキワリソウ >>