暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

お花見

c0006568_1951128.jpg
  今日は暖かい一日で、畑に建てた新築の家でお花見しました。満開の桜にヒヨドリが蜜を吸いに集まっているところを見ながら「これが見納めかなあ。来年も見られるのかなあ」とぼんやり考えていました。
  
  しかし! すでに達観しているため長い間触っていなかった腋の下の転移がんを触ってみたところ、シューっと小さくなっていました。3月19日から飲み始めたDr.K曰く「最強の」ホルモン剤が効いているのでしょう。骨にも効いているといいなあ。延命になるかな?  あと1年元気でいられたらもういうことないです。(なんて言ったらみんなにおこられるか。一方で「奇跡」も否定しているわけではありません)。

  ところで新築の家ですが、引越しは今のところ取りやめることにしました。いざとなると、この古い家に愛着があるからです。父や母の気配もあるし、本も全部持って行くわけにはいかず、この家にいれば、思い出と一緒にいられます。新築の家は別荘とし、時々連れて行ってもらって緑を楽しみます。

  「ぜいたく!」「 もったいない!」

  最後にプロテアさんのところに紹介されていた茨木のり子さんの詩を載せます。私にぴったりなので。

さくら 
  
   ことしも生きて
   さくらを見ています
   人は生涯に
   何回ぐらいさくらをみるのかしら
   ものごころつくのが十歳ぐらいなら
   どんなに多くても七十回ぐらい
   三十回 四十回のひともざら
   なんという少なさだろう
   もっともっと多く見るような気がするのは
   祖先の視覚も
   まぎれこみ重なりあい霞だつせいでしょう
   あでやかとも妖しとも不気味とも
   捉えかねる花のいろ  
   さくらふぶきの下を ふらふらと歩けば
   一瞬
   名僧のごとくにわかるのです
   死こそ常態
   生はいとしき蜃気楼と
[PR]

by lumokurago | 2010-04-06 19:51 | きままながん患者
<< 内海さんからの写真 今日のミャーコ >>