暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

母に会いました

 昨日、従弟が来てくれたので私の車いすを押してもらい、母に会いに行きました。退院直後に行ったきりなので、二ヵ月半ぶりくらいでしょうか。妹の話では「容子は何の病気だっけ?」と心配しているとのことでしたが、会ってみると「容子さん、変なとこで会うね」と言っただけで、病気のことは言いませんでした。車いすに乗っていることも変とも思っていないのか、気付かないのか何も言いませんでした。うちにいたころはいつも「悪くなってないんでしょ?」と心配していたのですが、ぼけが少し進んだようです。従弟のことは「わかる?」と聞いたら「わかる」と答えていましたが、どうもその様子からすると、「わからない」と答えるのが恥ずかしくて「わかる」と答えたのではないかという気がしました。

 母は幼い子どものようになっていて、なにしろ「待つ」ことがまったくできません。毎週土曜日にはコンサートがあるのですが、あんなに音楽が好きだったのに、一度も聞きにいこうとせず、みなさんが集まってテレビを見ている場にも行こうとしません。何かを作る場にはなんとか出ているようです。

 夜は「不穏」(大声をあげたり、自分で起きようとして動いたりする:老人介護用語)で困っていましたが、精神安定剤によって今は落ち着いて眠っているようです。老人の場合、薬の副作用が強くでてADLが低下したり、昼間も傾眠状態になり問題になることがありますが、幸いなことにそれはないようです。

 それにしてもまだうちで暮らすことができれば、昼間はデイサービスに通って何かを作ったり歌を歌ったり、楽しく過ごせるのですが、老人保健施設ではデイサービスほどは行事を行っていないので、やることがなく、部屋に閉じこもることが多くなってしまいます。「何したらいいのかわからない」が口癖になってしまいました。もっとぼけて作業ができなくなってしまえば、それはまた仕方ないのですが、母位の場合が一番困ります。何もできない家族もしんどいです。

 年老いてぼけた親を見ているのは非常につらいことです。自宅介護していれば、それはそれでストレスがたまり、施設に預けてしまえば罪悪感から逃れらません。妹はこの間、週に1,2度会いにいってくれていますが、どんなにつらいことでしょう。会わなければつらい思いも忘れてしまうので、私は今、非常に楽です。妹には本当に申し訳なく思っています。

 この施設に入ったのは1月22日です。老人保健施設はリハビリをして自宅に戻るという建前なので、3か月という期限が決められています。今は、特養が満杯なので、老人保健施設が特養の代わりに近い役割を担っているということで、期限早々に追い出されるということはないようです。しかし次を探さなければならず、そこも3カ月ですから、結局たらいまわしになり、大変なことです。

 母の場合、特養には申し込んでいますが、特養は今、独居でお金のない人のみで満杯らしく、状況が厳しい順に入所となるので、待っていても母に順番がまわってくるかどうかはわかりません。老人保健施設ではたらいまわし。それなら、有料老人ホームはどうかという話になるのですが、金額が非常に高いのです。老人保健施設も金額は高く、母で月35万程度かかっていますが、そのうち特養に入れるかもしれない(?)ので、有料老人ホームを選択するには決心がいるのです。

 ちなみに特養も父が最初に入ったころは月7万ほどでしたが、介護保険が改悪されて部屋代をとるようになり、二人部屋で月14万ほどかかっていました。特養だって決して安いというわけではありません。

 老人介護は自分にふりかかってこないと、何もわからないと思いますが(何事もそうですが)、信じられないほど悲惨な状態になっているので、無関心でいるといざというときに大変な目にあいますよ! 政府は国民に何の相談もなしにどんどん介護保険を改悪しています(自民党政府)。こんな政府でいいのか、よくよく考えてみましょう。国民のためになる介護保険制度を作るにはどうしたらいいのか考えてみましょう。現場の意見をまとめて政府に要求していくしかないと私は思います。そのためにはいったいどうすればいいのでしょうか?
[PR]

by lumokurago | 2010-05-02 18:01 | 父・母・介護
<< 内海さんからの写真 みたび署名のお願い >>