暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

こっこタイム⑤ 愛よ愛々/かなよ かなかな

c0006568_21291959.jpg

その目が欲しい、と乞(こ)う微(ほほ)笑んでくれまいか、と願う
たとえ私が道に迷っても辿(たど)り着けるように
鐘を大きく鳴らして、そこにいてほしいと、手を合わせる。

祈りを掛けた。
たくさんの想(おも)いを束にして、
全部繋(つな)いで金網に結んだ。
潮風になびく色とりどりの「祈り」の、
その美しかったこと。
でもそれは、あっという間に灰になって消えた。
「命どぅ宝」のこの島で。

蹴(け)散らしてやろう、と踏み出す
こんな島沈んでしまえ、と叫ぶ
もう何もいらないとあきらめたつもりで、
それでもどこかに咲いているであろう赤花を探している。
白妙の砂浜の向こうには、まっさらな雲。なんじゃそりゃ?
世界に向けて掲げられた、白旗みたいじゃないか。
まだ負けちゃいない。
降伏が、平和への賢明な道だなんて
想わない。
あんな雲、引きずり下ろしてやる。
雨が降ればいい。
私を打てばいい。
できるもんなら撃ってみろよ。

龍神(りゅうじん)よ出でよ
首里城を映す龍潭(りゅうたん)の水面を揺らして
轟(とどろ)く稲光と共に、獅子よ目覚めよ
「生まり島」忘れたわけじゃなかろう?
さあ、輪になって踊れ
渦になって街を押し流してしまえ

聖者の肩にも、罪人の頬(ほお)にも
同じように雨は降るんだ

ぶっ壊してやろう、と拳を上げる
みんな消えてしまえ、と。
なのになぜ、まだ夢をみてる?
しつこいよ、まだ赤花探しかい?
雨が降ればいい。
全部打ちのめしてしまえばいいんだ。
そこら中、水浸しにしてしまえ。

せっかく沈んだっていうのに、
日はまた昇ってしまう。
南の風の中であろうと、
北の風の中であろうと。

パパ、龍はいるんだよね?
ママ、獅子の舞を見たよね?
今、みんなはどこにいる?
今夜、雨はどこに降る?
ばあちゃん、ごめん。
今、やさしい歌は歌えない。
じいちゃん、力をくれ。
今日はまだこの体に残っている怒りで、走りたいんだ。
明日、花が咲いたらすぐに届けるから
生きていて

(歌手)

もとはこちら

*****

なんて激しいんだろう
なんていとおしいんだろう
なんてせつないんだろう
こっこちゃん、生きていて

注:第二段落は、こっこちゃんのもとに集まったおびただしい数の色とりどりの短冊を、辺野古の浜の基地を隔てる鉄条網に結んだが、すぐに焼かれてしまったことを指す。DVD「大丈夫であるように」にそのシーンがある。
[PR]

by lumokurago | 2010-05-07 21:38 | 沖縄タイムス
<< 内海さんからの写真 JANJANがブログになりました >>