暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アセス 基地の除外要望 防衛省、普天間念頭に

沖縄タイムス2010.5.21 1面トップ

【東京】環境配慮を拡充する「戦略的環境影響評価(アセスメント)」を義務付けることを目的とする環境影響評価法改正案をめぐり、省庁間での法案調整段階で、防衛省が新たに義務付けられる「配慮書」の手続きから、米軍基地を含む防衛施設に関係する事業を適用除外とするよう求めていたことが分かった。

 照屋寛徳衆院議員(社民)が入手した内部文書で明らかになった。改正案は4月21日に参院を通過し、週明け以降に衆院審議が始まる。

 改正案は基地の除外は明記していないが、「国の利害に重大な関係がある」事業は政令で除外が可能との項目を現行法に追加。環境省は基地建設も国の利害に関係する事業に含まれるとする一方、「防衛施設を想定しての追加ではない」と説明している。

 防衛省は3月2日、米軍基地を含む防衛施設に関係する事業を、計画段階での配慮書を策定する新たな義務付けから除外するよう求める意見文を環境省に提出した。

 防衛施設整備事業で配慮書策定を導入することについて「極めて困難」とし、「高度に秘匿を要する情報の開示、地元の混乱や反対運動の生起を招く」ことを理由に挙げている。

 同16日に環境省がまとめた改正案には基地の除外を直接盛り込まず、「国の利害に重大な関係があり、災害その他特別の事情で緊急の実施を要する事業」との項目を追加した。

 防衛省は同日、「緊急の」とする表現を削除するよう再度意見を提出し、「今後予定される普天間飛行場移設およびFCLP(空母艦載機の陸上空母離着陸訓練)施設建設計画が後々制限を受けないようにしたい」と理由を説明。普天間移設で今以上に環境配慮を課題としたくない姿勢をにじませている。環境省は同日段階の案を変更せず、19日に閣議決定し参院に提案した。

 照屋氏は「防衛省が普天間の代替施設建設で新たにアセス実施する場合を想定して働きかけたのは明らか。環境の時代に軍事優先の論理はあるべきでない」と指摘している。

[ことば]

 戦略的環境アセスメント 現行の環境影響評価(アセスメント)法は、事業予定地や規模など事業内容が決まった後で最初の手続きとなる方法書の策定に入るため、環境保全への配慮が不十分との意見があった。改正案は「戦略的環境アセスメント」を義務付け。方法書の前に事業計画が一定固まった段階で複数の案を公表し、住民や専門家の意見を踏まえて比較、検討する配慮書を策定する新たな手続きを経て計画をまとめる。

*****

 最近の沖縄タイムス1面トップは当然ですが普天間飛行場問題

 5.20はこちら 日米「普天間」28日合意 辺野古 現行アセス内

 5.21は上記

 5.22はこちら 日米、普天間移設月内決着を確認 「合意後、沖縄の理解」

 よくまあ平気で辺野古に戻せるなあ。人間無視、民主主義無視、恥知らずの最たるものだ! アメリカもやっぱり「民主主義の国」ではないことが露見した。ほんものの「民主主義の国」なら「地元が反対しているのだからやめるべきだ」と日本政府に進言しろよ。

 社会通念上(裁判でも使えることばだそうです。昨日教わりました)、こんな事態が起これば内閣総辞職でしょ??
[PR]

by lumokurago | 2010-05-22 21:34 | 沖縄タイムス
<< 内海さんからの写真 最高裁裏金裁判 >>