暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

無視された国外・県外

 沖縄タイムス2010.5.26 「論壇」より

 無視された国外・県外  政府に「不都合な真実」か 大城洋

 昨年11月13にcに、橋下徹大阪府知事は記者クラブで「沖縄県民の負担を減らすために、国から話があれば普天間基地を関空へ受け入れることを検討する」と発言した。驚くべきことに、これほど重要な発言がマスコミに報道されなかった。

 4日後の17日にも衆議院の安全保障委員会で下地幹郎議員が北沢俊美防衛相と岡田克也外相に「橋下知事に働きかけるつもりがあるか」とただしたが、橋下知事の発言はマスコミに出てない。これを不思議に思ったフリージャーナリストの岩上安身氏は、同月30日、家電量販店で買ったカメラを持って橋下知事の囲み会見に乗りこんだ。そこで質問して知事の意思を確認した上で、結果をインターネットの動画共有サービスユーチューブに流した。これで日本中が大騒ぎになり、マスコミが取り上げて、首相官邸を「不都合な真実」で右往左往させた。

 このころから本土の一部のマスコミが、地図上に沖縄を中心とする同心円を示して、一分一秒を争う台湾・朝鮮の有事に対応できるのは距離の近い沖縄しかないという、抑止力論を強調するようになった。今月来県した鳩山由紀夫首相も、抑止力を理由に米軍普天間飛行場の県内移設を持ち出して県民をあ然とさせた。

 そもそも普天間の海兵隊は、基地反対運動で岐阜や神奈川から撤去させられて、1960年に米軍支配下の沖縄に移ってきたものである。決してそこが軍事的要衝だったからではない。今は、地上部隊が一分一秒を争ってオットリ刀で駆けつける時代ではない。イラクにカリフォルニアの第1海兵遠征軍が出動したのは空軍の爆撃の2カ月後。アフガニスタンでは1月後で、出動したのは第1海兵遠征軍とノースカロライナの第2海兵遠征軍。

 米本国でもいいくらいだから、北海道でも東北でも構わない。一部の偏向マスコミが抑止力を言い立てるのは、安保の恩恵はほしいがその負担は嫌だから沖縄に押しつけておけという、本土のエゴの代弁でしかない。

 去る10日に普天間の海兵隊を受け入れたいという首相あての親書を民主党・川内博史衆院議員や社民党・阿部知子衆院議員に託したグアム・テニアン・サイパンの知事が、13日に日本を訪れて鳩山首相と面会する予定だった。しかし官邸はこれを拒否している。

 不思議なことにこの事実もマスコミに出てこない。国外少なくとも県外にしたいが受け入れてくれる地域が無いので、申し訳ないが、苦渋の決断で、心ならずも、断腸の思いで、県内に移転するしかなくなったというごまかしを暴露する「不都合な真実」だからだろうか。

 (大城洋 沖縄市、フリーライター、64才) 

*****

 25日には、「自分が選出された県へ米軍基地を引き受けることを表明できない議員には、鳩山首相を批判する資格はない」「この際、南からでも北からでもいい、10年なら10年、15年なら15年、各県持ち回りで米軍基地を引き受ける決定をしてはどうか」との投書があった(岡山県の木村正昭氏)

 大賛成である。事ここに至っても「抑止力」にこだわり、安保が必要と言うのならば、各都道府県に米軍基地を作ればよい。国民全員が腹をくくって、引き受ける順番はくじ引きで決めればよい。ゼネコンも土建屋さんも大儲け、景気回復も夢じゃないよ!!
[PR]

by lumokurago | 2010-05-30 22:41 | 沖縄タイムス
<< 『5.27普天間問題緊急声明』 妙ちゃんの絵 >>