暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

母の治療方針決定

★ 慶応病院に行ってきました。

 Dr.Kは開口一番、「ぼくは本人以外の人が来ても相談には乗らないよ。前に九州から家族の人が来たときも『本人でないと』と言って帰ってもらった」と。はるばる九州から来たのに帰ってもらったなんて潔癖なDr.Kらしいですが、よく考えてみれば当然のことだと思います。「自分で決める」が合言葉ですからね。

 でも、うちの母については認知症があるので家族の相談もOKということで、相談に乗ってくださいました。診療情報提供書を見て、「D3までかくせいするなんて」とあきれ顔。

 リンパ節の切除範囲はD1からD3まであり、D3というのはリンパ節をねこそぎ取ってしまうもので「拡大手術」と言われています。乳がん、胃がんなどではリンパ節を広くかくせいする手術とそうでない手術のくじ引き試験が行われており、世界的には拡大手術は否定されています。大腸がんでもリンパ節をかくせいした場合の成績がよいという証拠はありません。だいたい、昨日の医師の説明では卵巣にできたがんは転移かどうかわからないとのことでしたが、診療情報提供書には「転移性卵巣腫瘍の可能性が高い」と書いてありました(真実を知らせるのは医師の義務です)。転移があるならリンパ節かくせいの意味はさらにまったくありません。

 昨日の説明ではリンパ節をどうするかについては何の説明もありませんでした。切除する必要がないので切らないのだろうと勝手に思っていましたが、何も説明せずにD3までかくせいするつもりだったなんてあんまりです。リンパ節のまわりにはいろいろな神経がからみついているため、かくせいすると神経を傷つけ、排尿障害などの後遺症が残る可能性が高いのです。リンパ液の流れが悪くなるため、リンパ浮腫がおこる可能性もあります。(追記)妹によれば、月曜日の説明は手術を受けるかどうかであり、詳しい手術の内容の説明は別の日にあるはずとのことでした。しかし、乳がんでも手術の前日に「全摘する」などの説明があり、「明日ならしょうがないか」と思ってあきらめてしまう人がいました。手術内容の説明はもっと前にやるべきです。
 
 Dr.K:それで質問は?
 私:無治療で看取りたいのですが?
 Dr.K:液体ならば通ると思うので、おかゆなどを食べさせて、そのうち食べられなくなるけれど、食べられなくなってやせて亡くなるのが一番自然な死に方。手術する場合は高齢なので全身麻酔が負担になる。これはできるかどうか外科医に聞かないとわからないけど・・・腰椎麻酔でバイパス手術がいいと思う。(と私もかかっていた村山医師に電話してくれる。村山先生は「できる」とのお答えでした)。
 私:リンパ節については何の説明もありませんでした。切らないでと言えば切らないでくれるでしょうか?
 Dr.K:切らないでと言っても外科医は何するかわからないよ。(Dr.Kの外科医不信は根深いがその気持ちもわかりますーこれも『乳がん後悔しない選択』参照してください)。
 私:卵巣腫瘍は切ったほうがいいんですか?
 Dr.K:それは簡単だからついでに切ったほうがいい。
 私:いい在宅医がいれば無治療で家でみたいんですけど、網野先生が入院してるし・・・。
 Dr.K:どんな具合なの?
 私:落ち着いていらっしゃるそうです。あとで電話してみます。それと、昨日栄養状態が悪くて手術に耐えられないからと、IVHにされちゃったんですけど、どうなんでしょうか?
 Dr.K:IVHでは感染して敗血症を起こして年間何万人も死んでいる。できるだけやらないほうがいい。
 私:やっぱりそうなんだ。とにかく医者が信用できないし、こっちは素人だしわからないことばかりでほんとうに困ります。etc・・・

★ 慶応病院の公衆電話から網野先生の携帯に電話したところ・・・

 まずご容態ですが、「歩けるようになった」とのことで土曜日に退院されるとのことでした。まずはよかったです。ところが脳の「いろいろなところが壊れちゃって」左の空間認識がむずかしいとのことで、「運転したら人を引いちゃう」とのこと。「ぼくが診てあげられたらいいんだけど無理」。

 私:いい在宅医はご存じありませんか?
 Dr.A:それがいないんだよ。若い人は時間が来たら終わりで。(つまり休日なしで24時間対応してないという意味)。
 私:父が以前中野共立病院にお世話になったことがあって、いい病院だと思いました。あの病院の付属の診療所が近所にあるので、そこに行ってみようかと思っています。
 Dr.A:中野共立病院は知ってるよ。知ってる内科医がいる。信頼できる医者だ。
 私:そうですか。全然知らないところに行くよりいいですよね?
 Dr.A:うん。会ってみて決めたら? 相性もあるし、会ってみなければわからないから。
 私:はい。手術はしたほうがいいとお思いになりますか?
 Dr.A:そうだね。手術しないとまた詰まっちゃうからね。バイパス手術がいいと思う。etc・・・

★ 妹と話し合いの結果、老人をおおぜい看取っている網野先生が「また詰まっちゃう」とおっしゃるので、手術は受けようということになりました。ただ、村山先生の病院は遠い(川崎)なので、中野共立病院に聞いてみたところ、相談は現在入院している病院の相談員を通してしか受けられないというので、それでは時間がかかってしまい面倒なのであきらめました。そして村山先生に電話したところ、電話口に出てくださって・・・。

★ 村山医師の話

 自分の病院は遠いし、手術の予定が詰まっており、転院して手術するとなるとさ来週になってしまう。この状態なら早く手術したほうがよいし(また詰まってしまう可能性がある)、移動するのも患者にとって負担になる。バイパス手術のことを最初から説明したなら、無理な手術はしないと思われる。希望をよく説明して今の病院で手術したほうがよいと思う。

 がんを取って大腸をつなぐのとバイパス手術は同じくらいのむずかしさなので、がんを取れるならば取ったほうがベター。無理ならバイパス手術。リンパ節は取らない。(Dr.Kが麻酔のことを心配していたが)今の薬はよくなっているので1、2時間の手術なら全身麻酔でもすぐ覚めるから大丈夫。

★ ということで、結局、明日いまの病院の医師に希望を伝えに行くことになりました。先生方、ありがとうございました。これで納得して手術が受けられます。
[PR]

by lumokurago | 2010-06-30 18:31 | 父・母・介護
<< 決定したつもりでしたが・・・。 IVH(中心静脈栄養) >>