暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

母の看取りの方針について話し合い

 今日の話し合いは医療相談室のソーシャルワーカーさん、母の担当の看護師さん、退院担当の看護師さんとのもので、医者は参加しませんでした。みなさん、とても親身になって考えてくださって、私も気にしていた妹の気持ち(在宅でみるのはいろんな意味で不安)を聞きだしてくださって、とてもよい話し合いができました。

 驚いたことに例の新聞記事をご覧になっていて、このブログも見たとのこと! 今日お会いした方々は初対面、またはちらっとお会いしただけなので、おそらく私の顔を覚えているお医者さんか誰かが見つけたのでしょうね(違っているかもしれませんが)。

 正直なところ、「どきっ!」としましたが、ほんとうのことしか書いていませんから、まあいいじゃないですか。私のことをよくわかってもらえるし。

 もともと、いかに理事長が山田区長の仲間でひどい人でも、病院の現場で働く人たち(医師その他)は関係ないと思っていました。でも、外科医が手術の方法について希望を聞いてくれなかったときは「やっぱりひどい病院だ」と思った。

 けど「無治療でいい」と言いに来てくれた看護師さんもいるし、いい人もいるということはどこでも同じですね。今日の話し合いはとてもよかったので感謝しています。また相談に行きたいと思わせる方々でした。(お世辞ではありません。私はいつもほんとうに思っていることしか書きません)。

 母の今後については、妹の不安を解消できるようにすぐにかけつけてくれる在宅医や、何かあったときに入院できる病院を探し、在宅でみられる体制を作るようにみんなで協力していこうということで一致しました。母は今、水を飲んでおり、次にエンシュアなどを飲ませて、それで閉塞を起こさないか評価してくれていますが、看護師さんの話では、お医者さんに早く家に引き取りたい旨を言えば、希望はきいてくれるだろうとのことでした。(イレウス管は取ってくれました)。
[PR]

by lumokurago | 2010-07-10 20:58 | 父・母・介護
<< ニャーちゃん 長生きのしすぎ >>