暗川  


写真日記
by lumokurago
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

無事お骨になって帰宅しました

c0006568_1954268.jpg
 
c0006568_208990.jpg
デイサービスで撮っていただいた写真。去年の敬老の日のもので、最も新しい写真です。
c0006568_205225.jpg
 ミャーちゃんのお骨も隣に置きました。ミャーちゃんの写真のほうが大きいんだけど(笑)。母はミャーちゃんを覚えていて、うちに帰ってきたら「ミャー子」と言っていたんですよ。
c0006568_19561748.jpg
 介護ベッドの横の棚。母の人形が飾ってあります。「雪だるま」は去年の書き初め。いつもこれを読んで「雪だるま」と繰り返していました。暑い暑い夏だったのに(笑)。
c0006568_19575889.jpg
 今日、猫の代わりに庭に来た山鳩。

 今日来てくれた従弟(うちに下宿していた)の話では、去年大腿骨頚部を骨折した11月末に病院にお見舞いに行ったときは、私と妹のことをまだ心配していたそうですが、夏に病院にお見舞いに行ったときはそんな言葉はなくなっていたそうです。

 去年は私がいつも病院にばかり行っていたので、(乳がんのことを覚えていて)「悪くなっていないんでしょ?」と心配していましたが、夏に『乳がん 後悔しない治療』を見せたときは、もう忘れていて「容子さん、乳がんだったの?」と言っていました。

 昨日、書き忘れたのですが、母は身体に触られることが嫌いで、手や足に触れても「触らないで」と言っていました。ところが亡くなった日は、自分から手をだしてきて、ずっと握られていて、私が飲み物を飲むために離すと、すぐに握ってもらいたそうにしていたので、1時間くらい、手を握りっぱなしだったのです。不思議ですね。母自身も自分が死ぬことがわかっていたのでしょうか。暖かい手を握りつづけたことは子どもとき以来です。

 みなさま、ありがとうございました。
[PR]

by lumokurago | 2010-10-20 19:59 | 父・母・介護
<< Dr.Kの秘密 お悔みありがとうございました >>