暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

『乳がん 後悔しない治療』 書評

 「近藤誠」で検索してこのブログにたどりついたとおっしゃるレッドワインさんがアマゾンに『乳がん 後悔しない治療』の書評を書いてくださいました。本の解説を書いてくださったDr.Aが、「彼女に解説を書いてもらったほうがよかったように思いました」とおっしゃっています。すばらしい書評をありがとうございました。

*****

 著者渡辺容子氏が15年前に『患者よガンと闘うな』でベストセラーをなした近藤誠医師を知ったのはその1年前だ。さる新聞に掲載された『乳房温存療法』の記事を読み、彼女は自分の胸に5ミリのしこりを発見したことから始まる。ただちに近藤医師を訪れ超早期発見と近藤医師に驚かれたが、それから6年彼女はしこりを放置した。

 ガンもどきを治すことはできても、ガンはどんなに早く切除し、抗がん剤でたたいても完治には至らず、死を免れることはできない。早期発見早期治療の名のもとに、ガンもどきの患者は大切な臓器をとられ不自由をかこち、ガン患者は長い闘病生活の間に、経済的、身体的、精神的に過酷な状況下壮絶な死を強いられる。という事を近藤医師は豊富なデータを用いて医療信仰にわが身わが家族をゆだねている人々に警鐘を鳴らした。

 彼女の凄いところは、近藤理論の科学としての正しさを自らの身に実践していることに尽きる。地球が丸いならばインドにたどり着くと信じたコロンブスの実験を思い起こす。人間はいつか死ぬ。人生の有限を知ることが、自分の人生を豊かで有意義なものにするのだということを彼女は本書をもって示してくれている。彼女にとっての6年間は自分のガンがガンもどきか正真正銘のガンかを見定める期間であったろう。結果は正真正銘のガンであった。彼女の乳がんは大きくなり、リンパ節にも転移していた。

 彼女の治療方針の全編を貫いているのは、最小限の手術と抗がん剤の利用、痛みを緩和するための放射線治療をその時その時、必要に応じて医師と相談しながら主体的に治療を選びとってQOLを大切にすることだ。自称、野生児と言う彼女は、仕事をし山に登り、大学院に学び、社会を俯瞰して自らの意見を発表したりとさまざまな活動を展開し、日常生活を謳歌している。医学の知識と科学的な態度、自分と心と身体の声を聞いて生きる。自律的に生きるという意味はこういうことなのだと同世代をいきる女性として、感嘆せずにはいられない。

 一乳がん患者として、わが身を振り返った時、さまざまな後悔が甦る。自分の拙い知識でどのようにして自分に必要な医療を選びとることができようか?自分の愚かさ意気地のなさに呆然とするが、本書の中で著者は従姉妹の子宮頸ガンの受診の様子を紹介している。新たにガンで病院に受診しようとしている人、セカンドオピニオンをとろうとしている人には勇気を与えられるのではないだろうか。、おおいに参考にすると良いだろう。

*****

 最近乳がんとわかったばかりのかたから相談を受けたり、治療後の患者さんと知り合うことが多いのですが、今日は妹の小学校時代の友だちの妹さんが乳がんで全摘し、再建したという話を聞きました。乳がんの知識が不十分なまま、どこの病院でも治療法は同じだろうと思って近くの病院にかかったりする人が多いように思います。「自分で決める」が基本ですから私の考えを押し付けるつもりはありませんので、乳がんやほかのがんがわかったかたが身近にいらしたら、ぜひ私に相談してください。あとで知ると、別な方法もあったかもしれないと思いとても残念です。

 それにしても乳がんの7割はがんもどきだというのに、検診で発見されればすぐに切ってしまう(それも温存できるかもしれないのにいまだに全摘してしまう。全摘しなければならない場合もあるとは思いますが、近藤誠医師と組んでいる外科医の温存率は9割を超えています)ってあまりにもあんまりだと思いませんか?
[PR]

by lumokurago | 2010-11-23 21:09 | がんと闘わない生き方
<< 内海さんの写真より Dr.Aとのメールより その18 >>