暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

生田弁護士による最高裁裏金裁判判決

 松田まゆみさんが記事にしてくださいましたので、転載させていただきます。松田さん、ありがとうございました。
c0006568_204042.jpg
 生田暉雄弁護士。生田さんは裁判官を辞めるとき、裁判官時代のすべてを捨て去り生まれ変わるという意味を込めて、法服の色である「黒」の反対の色「赤」中心の服装に変えました。分け目も変えたんですよ。靴も赤、お財布も赤です。でもお財布の中身は「黒」だそうです。

*****

 犯罪者に裁かれている日本国民

 生田暉雄弁護士が最高裁を訴えて闘っていることは、「驚くべき日本の裁判所事情」に書きましたが、この裁判の判決が10日に言い渡されたそうです。裁判官は10秒程度で判決を言い終えると、無言で法廷を後にしたとのこと。よほど、後ろめたい判決だという自覚があるのでしょう。この裁判長、まさにヒラメ裁判官(最高裁の顔色をうかがって判決を出す裁判官のことで、魚のヒラメに例えてそう呼ばれています)そのものではないかと・・・。以下の記事にその様子と生田弁護士の闘っている裁判の意味が詳しく報じられています。

最高裁による裁判官統制 ~生田弁護士が明かす「ヒラメ」の秘密~(三上英次)

 さて、三上さんの記事は生田弁護士の主張を分かりやすく紹介していますが、できれば以下の生田弁護士本人が書かれた文書をぜひお読みいただけたらと思います。世界からみて、日本の裁判がいかに遅れているのかがよく分かるのですが、この実態は国民としてあまりにも恥ずかしすぎて言葉もありません。

最高裁のウラ金-正常な司法なくして、正常な社会の発展はない(生田暉雄)

 生田弁護士は、最高裁がやっているのは犯罪行為(詐欺、背任、横領罪等)だと指摘しています。そして、「われわれ国民は、犯罪者による裁判を長年受けているのです」というのですから、国民はのほほんとしているわけにはいきません。

 生田弁護士によると、日本の行政訴訟の件数は年間1800件しかなく、これはドイツの500分の一とのこと。1800件のうち20%は門前払いされ、さらに市民の勝訴率はたった10%。日本は裁判所の数や裁判官の数も諸外国と比べると桁違いに少ないのです。裁判の費用を援助する法律扶助も、諸外国に比べて極端に少ないといいます。日本では、裁判を起こしたくても弁護士に依頼する費用も出せないという人が大勢いますが、そもそも庶民が裁判を起こしにくいシステムになっているわけです。そして、最高裁の裏金の仕組み・・・。この裏金は、どんなに少なく見積もっても、年間10億円は下らないといいます。これだけあったら、福祉や教育などにずいぶん回せるでしょうに・・・。さらに最高裁と行政庁のなれあいによる不正の隠ぺい。私たち一般の国民にとっては驚くべき実態が山盛りです。日本って、たいへんな裁判後進国なんですね。こういうことを知ってしまうと、もう唖然とするほかありません。

 現職のときに警察の裏金を実名告発した仙波敏郎さんは、裏金づくりに加担した警察官は犯罪者だといいますが、この国の国民は犯罪者集団によって捜査を受け、犯罪者によって裁かれていることになります。そして、マスコミは生田弁護士の主張をほとんど何も伝えません。この国では、裁判を利用した市民の権力監視も困難なうえに、マスコミも役立たずなのですから、救い難い・・・。

 とはいえ、救い難いと嘆いていてもどうにもならないので、微力でしかありませんが、せめてこうして記事にして皆さんに知ってもらう努力をしたいと思います。そして、こんな酷い司法事情の中で市民の立場にたって頑張っている弁護士さんたちには、声援を送りたいと思います。

*****

 この記事に対する私のコメントです。

 生田さんの記事を書いてくださり、ありがとうございます。判決言い渡しには原告被告とも出席する必要はないので、生田さんは上京されませんでしたし、判決言い渡しが10秒で終わることがわかっていたので、傍聴にも行きませんでした。

 この裁判長は東京地裁の杉原則彦氏で、かの有名な沖縄密約西山裁判で画期的判決を下した人物です。杉原氏は最高裁調査官時代、裁判官ではありませんでしたが、実質的に小田急電鉄裁判で原告適格の枠を近隣住民にまで広げました(以前は直接的具体的な利害関係者のみ)。それにもかかわらず杉並区の三井グランド裁判で近隣住民の原告適格を認めず、門前払いしたのです。

 裁判官というのは何を基準に判決を書いているのか?? 
 
 この記事を私のブログに転載させてください。
    

元はこちらです
[PR]

by lumokurago | 2010-12-15 20:12 | その他裁判関係
<< 内海さんの写真より DAYS JAPAN 12月号表紙 >>