暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

砲撃を促した韓米にも責任

 延坪島砲撃について沖縄タイムス投書欄にまた投書がありました。

 砲撃を促した韓米にも責任     篠原孝子

 北朝鮮の延坪島砲撃を客観的にみてみたい。先日、下地良男さんが投稿されていたように、韓国軍は北朝鮮が「自国領海で射撃した場合座視しない」と事前警告をしたにもかかわらず、その海域に3657発の砲撃を延坪島攻撃の4時間前に発射していた。

 また北朝鮮の軍事力は韓米に比べたらたかが知れていると知りながら、同海域近辺で今年だけでも韓米合同演習を10回余り行ってきた。それらが威嚇や挑発でなくて何なのだろう。その演習を抑止のためと言うのなら、砲撃を促した結果をみれば、軍事力は抑止に効かないと証明したようなものだ。

 外交に関しても、北朝鮮は米国に6者協議の準備ができていることを伝え、米国の研究者を召請しているが、ハードルを作って話し合いに応じてこなかったのは米国だ。こうした事実がちゃんと報道されず、米軍は今後の韓米演習に日本の参加まで求めている。それは日本への攻撃の可能性をも高めることにほかならない。
[PR]

by lumokurago | 2010-12-21 18:02 | 沖縄タイムス
<< 母島の絵 ここち屋 >>