暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

おばの死

 従姉からの手紙を少し変えてあります。天寿をまっとうしたおば(89歳)の死についてお読みください。尚、従姉はキリスト者ですが、私は無神論者です。

*****

 昨年は私の母とワキ子おばさんと・・・自然体で死を全うされ、私としましては母にとっても私たちにとってもよかったのではと思い、感謝しております。

 私の母の場合、食欲がなくフラフラしてきていると、弟(福島県南会津郡)から電話があり、兄と妹との3人でかけつけ、病院に入れて検査しても本人がつらいだけだから、自然の状態にまかせようと、4月10日に私の家(東京都)に引き取りました。

 日々食欲がなくなり、おかゆを2、3口飲みこむのがやっとで、トイレにも歩いて行けなくなり、オムツに・・・。往診もぎりぎりまで待ち、亡くなる2週間位前に来ていただき、脱水とのことで点滴をゆっくり始めました。

 そんななか、毎週水曜日は私の家で婦人の聖書の学び会をしていましたので、皆に祈っていただき、牧師の話も聞いて、イエス・キリストを心に迎えることができました。そして洗礼式のときに、「先生、こんな状態でどうして生きなきゃなんないだべ」と質問。牧師は「人間を創られた神様が目的を持って生かしておられるので、命のある間はがんばって行きましょう」と。また「洗礼式ってなんですか?」と質問。牧師が「イエス様との結婚式です。そして信じた人は必ず天国に入ることができるんですよ」と。すると「「はい、わかりました。よろしくお願いします」と洗礼を受けました。

 うとうとしているときが多くなってきていた母でしたので、こんなにはっきりとした質問をするとは少しびっくりしました。

 「おーい、おーい」と昼夜、大きな声で呼んでいたときもありました。夜中に「どうしたの?」と声をかけ、足をさすってあげても止まらないのです。マンションですから、両隣りに聞こえるのではと心配したりしました。

 そして6月5日(土)、兄弟たちも全員集合し、宇都宮の従姉妹もちょうど来てくれ、母は意識もうすらぐなか、従姉妹に対してうなずいていました。

 私たちも母の死に対する心構えもでき、母の長寿を祝ってビールを開け、乾杯して昼食を食べ始めたとたんに呼吸がおかしくなり、往診の先生が来る少し前に息を引き取りました。1時35分でした。本当に静かな平安な死でした。3日前から大量の下血もあったりして、おそらく消化器にがんがあったのだろうと思います。私の家に来る前までフラフラしながらも近くのコンビニへ買い物にも行っていたようです。自然体の良き死であったと思っています。

*****

 従姉は看護師でしたので、89歳という高齢で入院・検査しても苦しめるだけだということを熟知しており、自然にまかせたのだと思います。ほんとうはそういう知識がもっと広まらなければならないと思います。知識がないと、高齢であっても最期に救急車を呼んで病院に運び、延命治療を受け、かえって苦しむことになってしまいます。

 従姉は往診もぎりぎりまで待ったと書いていますが、この往診によって行われた点滴もよかったのかどうか疑っていました。なぜならば点滴後、下血したからです。点滴はやはり生体に対してなんらかの作用があるそうです。ほんとうは何もしないほうがよかったのかもしれないと言っていました。

 このおばの死について従姉から聞いていたので、母の死のお手本にすることができました。母も安らかに死ぬことができて、ほんとうにありがたいことだったと思っています。
[PR]

by lumokurago | 2011-01-08 16:21 | 父・母・介護
<< チャーちゃんへのお見舞い 箱根 >>