暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ショック! そしてごめんなさい

 友人夫妻の娘りほちゃんは4歳のときから知っています。いま33歳の母親です。Coccoちゃんと同年で、去年私にCoocoちゃんのCDをくれました。Coccoちゃんは去年1年間沖縄タイムスに「こっこたいむ」というコラムを持っていて、このブログでもときどき紹介していましたので、どんな感性の子かわかると思います。

 先日、りほちゃんちに遊びに行きました。娘のかりちゃんがもう2歳になっていました。わお! 大きくなった!(といきなり叫んだら泣いてしまいました)。私が会ったのは2年前の生まれたとき以来です。

 Coccoちゃんの『大丈夫であるように』というDVDの感想として、「この人もうすぐ死んじゃうんじゃないかと思った」と言ったら、「渡辺さんだってそうだったよ」と言われてしまいました。うーん、そうだったのか。「ジュゴンのために生け贄になりたい」という感性は同じだもんな。みんなに心配かけてたのか。それにしても娘のようなりほちゃんに言われるとは、ショック。きっとりほちゃんも同じ感性なんだろうな。それをうまく我慢してみんなに心配かけないように生きてきたんだろうな。私のほうが大人じゃないね。

 「その節は心配かけてごめんなさい」 (むかしの私を知っている人に)
[PR]

by lumokurago | 2011-01-29 15:27 | きままながん患者
<< Dr.Aとのメール 番外編 その3 母の写真 >>