暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

原子力資料情報室の情報を

 8.16記

 気がついたら、この記事が下に落ちていました。「投稿日時」を8月16日に設定しておいたからです。原発の安全が確認されるのは何十年後か100年後かわからない状態なので、原子力資料情報室と小出さんの非公式ブログをリンク欄に移し、この記事は下に流れるままにします。原発のことを忘れるわけではありません。放射能と共に生きなければならない世界に変わってしまったのですから。

*****

 原発の安全が確認されるまでTOPにだしておきます。更新記事はこの下にあります。

 私は外出がむずかしいので、みなさん、ぜひ代わりにデモや集会に参加してください。いま止められなければ、永遠に止められないでしょう。悲観論のかたまりの辺見庸さんもデモに参加されています。私はお見かけしたことがあります。

 最新情報はこちらで

 ★ 原子力資料情報室の情報に注目してください。

  Ustreamはこちら。

 ★ 小出裕章非公式まとめ

 ★ Peace Philosophy Centre 

 ★ 文部科学省による放射線モニタリング結果

 ★ リンクしています松田まゆみさんもご自分の考えを述べておられます。同感です。【追記】原発事故について詳しくフォローしておられます。私はもうさぼっていますので、こちらをぜひご覧ください。

 ★ 森住卓さんのフォトブログ

***** 




 2011.6.16記 3回目の更新となりました。今度は2ヶ月後の8月の日付にしてUPしておきます。わかっていたことですが、少しもいいニュースがありませんね。イタリアの国民投票はよかったけれど、なぜなぜ事故を起こした本家本元でこれほどもりあがらないのか。6.11はあったけどまだまだです。政府が国民のほうを振り向かないもの。メルケル首相など事故後すぐ国民の空気を読みましたよ。日本がこれほどだめなのはやはり国民一人ひとりが自立していないからでしょう。「こころの時代」で辺見庸さんも今こそ「個人」が大切だと言っていました。 
 
 でも一朝一夕に国民が自立できるわけもないしな。あーあ。

2011.5.16記 この記事は1月後の日付で投稿し、TOPにだしていますが、その更新も2回目となりました。原発事故自体が収束したとしても、汚染は何十年も続くでしょう。気の遠くなるような話だし、私の生きているあいだに事故が収束する見通しはほとんどないと思います。見届けたいような気もするし、恐ろしいことになるなら死んだあとにしてほしいという気もするし・・・。

 東電、政府が隠していたことがだんだん暴かれてきました。1号機のメルトダウンは地震から16時間後には起こっていたと。最悪の事態を想定していたと。それなのに「安全」と言い続けていたのだ。

 一度ウソをつくと、そのウソを隠すためにどんどんウソをつかなければならなくなる・・・ってお話あったっけ。「水棺」もなにもウソを隠すためのウソだったのね。【追記】小出さんによれば、隠していた可能性とほんとうにいままでわからなかった可能性があるとのことです。前者はもちろんひどい話(わかっていながらなすすべがない)だが、後者であればそれはそれで恐ろしい話(なにもわからない)ですな。(私もずっと後者じゃないかと思っていたが、昨日の報道でははじめからわかっていたのかと思った)。

 保安院の西山審議官の娘は東電社員で、20代にして2000万だか3000万だかの貯金があるそうです。すごい癒着だよなあ。と言っても「やっぱり」「ありそうな話」と思うだけ。

 東電幹部の年収は7200万だってさ。何に驚くかって、なんでそんなにお金がいるのかってこと。いったい何に使っているのだろう。その上、退職金やら年金を減らされたくないとほざいているらしい。年収は10分の一で十分でしょう。それ以外の金、全部返せ。元は電気料金でしょ。ざんげして、その金ぜんぶ福島県民に渡せ。それでも足りない。金では決して償えないのだ。(それより殺される牛や豚やペットを飼え!)。 

 2011.3.15記 福島第1原発2号炉で最悪の事故が起こる可能性が進行しています。外国に娘がいる友人の話では娘から「早く国外に逃げるように」との電話がかかってきているそうです。アメリカは在京米人に「家からでないように」との指示をだしたとのことです。外国の報道のほうが事実をきちんと伝えているそうです。日本人は戦争のときも「悪いことが起こるはずがない」と客観的判断ができずに戦争に突入しましたが、同じ体質が露見しています。早く避難命令を! 子どもたちだけでも疎開のように避難させてほしいです。この事故は日本人の大人全員の責任ですが、子どもたちに罪はありません。それなのに一番影響を受けるのは子どもたちです。チェルノブイリの白血病の子どもたちのように。
[PR]

by lumokurago | 2011-08-16 10:58 | 原発
<< 東京新聞、半分だけがんばる? 「非行防止・傾向と対策」 (戯曲) >>