暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日本の生存者からの個人レポート

 仙台に住む外国人からのレポートがヴェロニカのところにも回ってきたようで、送ってくれました。心があたたまると言っています。

*****

 みなさま、いま日本にいる友人からメールが来ました。彼女は被災者たちが一緒に乗り越えようとしている様子を生き生きと表現しています。このような個人のレポートはマスメディアの報道よりもずっと価値があると思います。(と、この人がおおぜいに転送したものです)。

*****

 愛する家族と友人のみなさま

 はじめに、たいへんご心配いただいたことにお礼を申し上げます。私はとても感動しています。また、あなた方全員に一般的なメッセージを送ることをお詫びします。

 ここ仙台の状況はいくぶん奇想天外と言えるでしょうか。しかし私は私を助けてくれるすばらしい友人をもち、とても幸せです。私の掘立小屋はその名前よりすごかったので、私はいま友人の家に滞在しています。私たちは水や食料や石油ストーブのような配給物を共有し、ろうそくのあかりで食事をし、話し合い、一つの部屋に並んで眠っています。暖かく、親しみ深く、すてきです。

 昼間は助け合って家のなかの混乱した物を片づけています。人びとは車のなかに座ってナヴィゲイションの画面でニュースを見たり、給水車が来たときには飲み水を得るために並んだりしています。もしだれかの家に水道が通ったら、彼らは、人びとが水入れやバケツに水を一杯にできるように印をだしています。

 まったく驚くべきことに、私のいるところには物を奪ったり、列を押したりすることはありません。人びとはまた地震がきたときに安全なように、玄関のドアを開けっ放しにしています。人びとは「ああ、これはだれもが助け合って暮らした昔のようだ」と言い続けています。

 余震が続いています。昨夜は15分おきでした。サイレンが鳴りつづけ、ヘリコプターがしょっちゅう頭上を通っています。

 昨晩、私たちの家では数時間水道が使えました。そしていま、半日使えるようになりました。電気も今日の午後に来ました。ガスはまだ来ていません。

 でもこれらは地域によるのです。ある人びとはそうだけれど、別の人びとは違います。だれもこの数日洗濯していません。私たちはだらしがないと感じています。でもいまはそんなことよりもずっと大切な心配事があります。私はこの大事でないことをそぎ落としたやり方が好きです。本能と直観力とケアという、私だけでなくグループみんなの生存のために必要なレベルで十分に生きています。

 あるところでは家々ががれきになっているのに、布団や洗濯物を太陽に干している家もあるという奇妙な空間となっています。人びとは水や食料のために並び、それでも数人の人びとは犬を散歩させています。同時にあらゆることが起こっています。

 別な予期せぬ美しさによる感動は、まず夜の静けさです。道路には車1台、人っ子ひとりいません。そして夜空には星が輝いています。星は普段だいたい2個しか見えなかったのに、いまは空いっぱいの星です。パリパリした空気によって山々のすばらしいシルエットが見えます。

 そして日本人はとてもすばらしいです。私は自分の掘立小屋をチェックしに毎日帰っていて、いま電気が通じたのでこのメールを書いています。私は食べ物と水が玄関に置いてあるのをみつけます。だれからのものかわかりませんが、そこにあるのです。緑色の帽子をかぶったお年寄りたちが家から家へ、みんなが大丈夫かどうかチェックして回っています。人びとはまったく見知らぬ人びとに話しかけて、助けがいらないかと聞いています。恐れをみることはできません。あきらめはあるけれど、恐れもパニックもありません。

 あと1月かそれ以上の間、余震が、それに別な大きな地震さえもあるかもしれないと言われています。そして私たちは常時震えや揺れを感じています。私は他の場所よりも高く、地盤の固い仙台の片隅に住んでいることを幸せに思います。そう、この地域は他よりもましなのです。昨晩、友人の夫が食料と水を持って帰ってきました。ほんとうに幸せです。

 いずれにしても、今回私は直接の体験によって、巨大な宇宙の進化の一歩がいまこのときにも世界中で起こりつつあることに気がつきました。そして私がいま日本で起こっている事柄を経験することによって、私の心が非常に広く開かれていくことを感じています。私の兄(弟)は起こっていることから考えると、とてもちっぽけに感じるかどうかと聞きました。というよりも、いま起こっている私自身よりずっと大きな何かの一部分だと感じるのです。この世界的な広がりをもつ誕生の波は厳しいけれども、それでもすばらしいと思います。

 あなたの愛にもう一度お礼を言います。みなさまへ、愛をこめて。
[PR]

by lumokurago | 2011-03-18 13:54 | 世界(world)
<< 今日の3にゃん 北海道新聞の報道 >>