暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「福島第一原発事故に対して適切な対策を求める声明」

 以下の声明の賛同者を求めています。賛同してくださる方はワードに写し取って文書を作り、ご自分のお名前を加えて、お知り合いにメールで送ってください。

*****

「福島第一原発事故に対して適切な対策を求める声明」

2011年3月福島第一原発事故に対して適切な対策を求める有志

1 私たちは、2011年3月11日(金曜日)の「東日本大震災」を契機として起きた福島第一原発事故(以下「本件事故」と言います)に対して、政府による事故の過小評価が重大な結果を招くことに重大な懸念を感じています。

2 2011年(平成23年)3月16日(水曜日)の朝日、毎日、読売新聞各紙の夕刊によると、世界の核関連活動を監視する米シンクタンク、科学・国際安全保障研究所(ISIS)は、15日、本件事故について、事故・トラブルの8段階の国際評価尺度で上から2番目の「レベル6」に近く、旧ソ連のチェルノブイリ原発事故と同じ最も深刻な「レベル7」に達する可能性もあると指摘したことが記載されています。また、フランスの原子力安全局も、「レベル6」に相当するとの見解を示している旨載されています。ところが、経済産業省原子力安全・保安院は、国際評価尺度で上から4番目の「レベル4」に相当すると評価しています。これは、本件事故が、79年の米スリーマイル島原発事故の「レベル5」よりも危険性が低いという評価です。

3 経済産業省原子力安全・保安院が、本件事故について、レベル4としたのは、事故後間もなくのことでした。しかし、本件事故が、その後の状況から、外部への放射性物質の漏れが少量にとどまったスリーマイル島原発事故よりも重大なものであることは明白です。

4 そこで、私たちは、経済産業省原子力安全・保安院に対し、直ちに、本件事故について適切な評価を行い、その評価にふさわしい対策を講じるよう求めます。過小な評価に基づく対策を続けていれば、手遅れになるのは明らかです。まずは、避難区域の拡大とその区域内の住民の避難を徹底するよう求めます。少なくとも屋内退避指示の30キロ圏内、できれば他国政府が指示している80キロ程度の住民を避難させる手段を早期に講じていただきたい。また、私たちは、政府や東京電力株式会社が、本件事故について徹底した情報開示を行って、国際原子力機関(IAEA)などの協力を得るとともに、放射性物質の飛散状況について周辺各国が把握できるようにする必要があると考えます。

5 この国難ともいえる事態を乗り越えるために、ぜひ、政府及び東電に以上のことを実現していただきたい。私たちもそれぞれがなしうる最大のことをなしたいと考えています。


本声明にご賛同いただける方々へ

私たちは、本件事故に対して適切な対策を求める有志が、私たちとともに政府などに対して早急な対策を求めることに賛同していただける場合、本声明を、メールによって、広く社会に広めることを願うものです。

1 ご賛同いただける場合、次のような手順で、お願い致します。

(1) まず、「福島第一原発事故に対して適切な対策を求める有志」として、本声明の末尾の「有志」のところに、「番号」をつけた上で、「氏名」を付け加えて下さい。
(2) 次に、番号・氏名を付け加えた「本文書」を、ワード形式でいったん名前を変えないで新たな文書として保存して下さい。
(3) さらに、その保存した新たな文書を添付して、次の方に、メールを送信して、引き継いで下さい。
(4) もちろん、参加しているメーリングリストに載せていただくことも歓迎します。

2 ご賛同いただける場合、このような方法によれば、枝分かれするかのように、いくつもの声明ができることになりますが、できるだけ早く確実に広げていただきたいため、このようにしました。
賛同者が集まったら、「100人目」「200人目」「300人目」、つまり100人目ごとの人は、「送付先日隅一雄、E・mail:hzm@tokyokyodo-law.com」に、メールで、「メール声明原発事故対策」のタイトルをつけて、100人目、200人目、300人目の有志が揃った「本声明」をお送りください。

3 ご賛同いただける場合、メールに添付している2011年(平成23年)3月16日(水曜日)の朝日、毎日、読売新聞各紙の夕刊についても、できる限り、添付して、次の方々に、メールをお送りいただきたいと思います。
「原発事故の国際評価と具体例」が、わかりやすく、書かれていると考えられるからです。

私たちは、それらを集約して、記者会見、政府への送付等を行う予定です。私たちは、そのようにして、本声明が広がり、本件事故の事故対策が適切なものとなるように求める声が大きく広がることを願い、このような方法をとりました。このような趣旨から、本声明は、日本語文ですが、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語、ハングル語などなど、各国の言語によって翻訳されて、さらに、広まることも願っています(私たちは、本声明の趣旨が書かれている限り、各国の言語への翻訳を歓迎します)。

皆様において、本声明の趣旨をご理解していただき、署名をして引き継いでいただけるようよろしくお願い申し上げます。

2011年3月

福島第一原発事故に対して適切な対策を求める有志

1 原寿雄
2 清水英夫
3 大石進
4 桂敬一
5 小中陽太郎
6 岩崎貞明
7 古本晴英
8 杉浦ひとみ
9 田場暁生
10 飯田正剛
11 日隅一雄
12 斎藤貴男
13 醍醐聰
14 青木理
15 池田香代子
16 奥野修司
17 網野皓之
18 渡辺容子
[PR]

by lumokurago | 2011-03-20 22:30 | 原発
<< 地震と原発事故情報  その(1... 福島原発「石棺方式」に初めて言及 >>