暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

回顧展2日目

 27日は奈切敏郎さんのチェロ演奏と田井中創くんの津軽三味線演奏があり、たくさんのお客様で狭い部屋はいっぱいになりました。お二人とも被災地に思いを馳せた選曲で、聴きながら心は沈み、さまよい、しかし最後には元気をいただくことができたと思います。すばらしい演奏をありがとうございました。

 終了後、残れる人で打ち上げを行いました。「病気に近いほど料理が大好きで、食べてくれる人がいるからできる」というMさんのおいしいお料理がふるまわれました。近所にこういう病気の人がいると幸せです。

 やさしい心根のMさんは自宅に被災者を受け入れる申し込みをしたそうです。でもあんな目にあった人たちとどういうふうに話したらいいかわからないと言うので、「余命1年だった私も普通に話しているんだから、普通に話せばいいんだよ」と言いました。やさしい人はどうしても相手の立場に立とうとします。気持ちを共有しなくちゃと思います。でも共有することはできない。共有は英語でShareですね。訳語には「分かち合う」もあります。こっちのほうがゆるやかな気がします。

 人間、ほんとうに近くである時期同じ体験をして何かを「共有」することもあるかもしれないけれど、遠くにいる人間に「共有」はできない。けれど、気持ちを想像することは遠くからでもできる。想像してみて、ほんの少し近づいたら、ほんの少し分かち合うことができるかもしれません。

 私の絵、本、チャリティ演奏(奈切さんチェロ)などのカンパは

 26日 16500円
 27日 27410円 です。被災地にカンパさせていただきます。ありがとうございました。(10円は子どもです。ありがとう)。
[PR]

by lumokurago | 2011-03-28 09:51 | 父・母・介護
<< 福島第一原発事故に対して適切な... 最首塾へのメッセージ >>