暗川  


写真日記
by lumokurago
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

使い捨てられる下請け労働者

 今朝の東京新聞に以下のような記事が載った。

「日当40万円出すから」 原発作業員 確保に躍起

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011032990065850.html
2011年3月29日 06時58分

 危機的な状況が続く福島第一原発。その復旧作業は放射能、時間との闘いで、作業員の確保が急務となっている。東京電力の要請を受けた協力会社は、各地にいる作業員たちを呼び寄せようと躍起になっている。中には法外な高給を提示された作業員もいる。

 「日当四十万円出すから来ないか」。福島県いわき市からさいたまスーパーアリーナ(さいたま市中央区)に避難している作業員藤田竜太さん(27)の携帯電話に、旧知の原発のメンテナンス業者から誘いが入った。

 現場は福島第一原発。高給である以上、それだけ高い危険が待ち構えていることはすぐに分かった。電線の敷設作業をしている友人からは「おれ、もう被ばくしているかも」と聞かされた。

 長男はまだ三つと幼く、妻(26)には新しい命が宿った。ためらいなく断った。藤田さんは、「五十代以上の人は高給につられて原発に戻っているらしい。でも、おれはまだ若いし、放射能は怖い。もう原発の仕事はしたくない」と語った。

 一方、協力会社の男性社員(41)は、勤務先から「人が足りないから戻ってくれないか」と第一原発での作業を要請され、四月以降に福島に戻る。

 男性は計測器を使ってそこが作業できる場所かどうかを調べるのが主な仕事。原発の現状からすると、まさにそこが最前線ともいえる。「特別な報酬があるわけではないが、危険な作業が待っているだろう。断ったら、恐らく会社にはいられない」と半ば強制だと受け止めている。

 同県田村市の男性(58)によると、第一原発で働く知人の父に、「五十歳以上の人で原子炉近くに入ってもらえる人を探している。手当は普通より多く払うからお願いできないか」という電話がかかってきたという。

 東京電力は現場の労務環境について、「放射線量が高いので、一人当たりの作業時間に限りがあるため、人員の交代が頻繁に行われている」と説明。また、「協力会社にお願いしながら人員を確保している。作業費は協定に基づいて協力会社に支給しているが、個々の金額についてはコメントできない」としている。 (社会部・堀祐太郎)

*****

 現在は危険手当が上乗せされているだろうが(?)、普段の下請け労働者の労働条件は次のようなものである(shinakoさんとこでみつけました)。

*****

東電社員じゃない人も沢山負傷していることが分かる、行方不明者も、いる、何故だろう。そして東電社員と言っても、9割以上は正社員じゃなくて、原発ジプシーと呼ばれる日雇い労働者だ。

彼らの待遇はこうだ。
http://job.j-sen.jp/hellowork/job_3373229/

募集職種 作業員(福島第1・第2原発)
仕事内容 *原子力発電所内の定期検査・機械・電気・鍛冶溶接及び足場作業
     (高濃度放射線下での作業も有)
雇用形態 正社員以外
日給:9,000円~11,000円
a 基本給(月額平均)又は時間額189,000円~231,000円
b 定額的に支払われる手当
a + b 189,000円~231,000円
c その他の手当等付記事項
皆勤手当 8,000円
募集年齢 不問 応募資格 不問
特徴 学歴不問 年齢不問
通勤手当あり 各種保険あり
マイカー通勤可能 スキル・経験 不問

*****

 むかし(およそ20年前)、児童養護施設で学習指導ボランティアをやっていた。そのときに世話していた子どもたちは、中卒で社会にでざるを得なかった。当時も中卒でできる仕事は少なく、工事現場の仕事がおもだった。「学歴年齢不問」の仕事は少ない。原発について「安全」としか思っていない彼らはこの仕事を知れば行くかもしれない。そして原発ではたまり水にも放射性物質が含まれていて危険だということも知らず、知らされず、いつも通りふざけながら仕事をするかもしれない。

 辺見庸さんが言ってたっけ。「富める者はたくさん生きのこり、貧しい者たちはたくさん死ぬであろう」って。

 
[PR]

by lumokurago | 2011-03-29 16:41 | 原発
<< サクリファイス - 犠牲者ー事... 1~3号機の原子炉圧力容器の底に穴 >>