暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「福島原発震災」をどう見るか―――私たちの見解(その2)

「福島原発震災」をどう見るか―――私たちの見解(その2)

2011年 4月 7日  柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会

〒160-0004 東京都新宿区四谷1-21 戸田ビル4 階
事務局携帯070-5074-5985
http://kkheisa.blog117.fc2.com/ E-mail kk-heisa@takagifund.org
郵便振替口座:00140-0-687327 加入者名:柏崎刈羽・科学者の会


事故から3週間余。福島第一原発の危機は続き、長いトンネルの向こうは見えません。たとえ、格納容器や圧力容器の大破、大量の放射性物質の爆発的流出という最悪の事態が避けられとしても、今後、長期にわたる放射性物質の流出は続くでしょう。すでに汚された現場周辺の大気、水、土はさらに汚され、汚染地帯は広がります。この「暗い絵」から目をそらすことは許されないと、私たちは考えます。

この間、危機と闘いながら必死に働いている現場作業員が酷い被曝を被っていること、高濃度の放射能を帯びた大量の水が原子炉から流れ出し、海洋を汚していることが報告されました。農畜産物や水産物が汚され、あるいは売れなくなり、仕事ができなくなった農民・漁民の苦境も連日報道されています。原発事故がいかに人々の生命と生活を破壊するか、私たちは、その現実を目の当たりにしています。

私たちの会、そして原発を批判する多くの人々が、大地震・津波が起これば、このようなことが起こるかもしれないと警告してきました。にもかかわらず、国と事業者、それに連なる学者たちは、「原発は絶対安全」「CO2 を出さない原発はクリーンエネルギー」といった無責任なプロパガンダを止めず、今日の事態を招いたのです。

今、福島原発でなにが起きているか。「第二の福島原発震災」を起こさないためには、何が必要か。私たちの見解をここにまとめました。

(当会では3 月23 日に最初の「見解」を発表していますのであわせてご覧下さい)


1.福島第一原発は今どういう状態にあるか

1-1 タービン建屋地下での作業員の高線量被曝

1-2 原子炉圧力容器の破損

1-3 格納容器の閉じ込め機能の喪失

1-4 放射能汚染水の海への大量放流

1-5 事故はいつ収束するのか

2.放射能汚染はどこまで拡がり、いつまで続くか

2-1 福島県の危機的な状況

2-2 ICRPによる被曝限度引きあげの提案

2-3 食べものや土・水の汚染

2-4 農産物を食べることでの連帯

3.事業者・保安院・安全委員会・学者の責任を問う

3-1 大津波は想定できた

3-2 耐震安全性も不十分だった
 
3-3 事業者・保安院・安全委員会・学者の責任

3-4 問われる、国、東電の事故対応能力

3-5 独立した事故調査委員会の人選の透明性確保の必要性について


全文は、下記のアドレスからダウンロードできます。

http://kk-heisa.com/data/2011-04-07_kkkenkai2.pdf
[PR]

by lumokurago | 2011-04-16 09:25 | 原発
<< 3.11以後のDr.Aとのメー... うちの庭です >>