暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

3.11以後のDr.Aとのメール その9

Dr.Aより 5.7

 こんばんは。幹細胞の採取の問題ですが、こういう主張をする人は、なんでもプラグマテイックに対応しようとするのですね。そのためことの本質から離れていきます。おそらく原発をどうすべきなのか、賛成か反対か意見を持っていないでしょう。どのような社会性を持った医師として行動するのかは曖昧にさせたまま、幹細胞を採取保存しましょうという技術的な主張をするわけです。まるで、「安心して放射線を浴びてきなさい、治療法がありますから」と言っているかのようですね。哲学がないのですね。

 学生時代の事についてですが、若い頃はいろんな影響を受けやすいでしょう。私もマルクスなどの思想に影響されなかったら学問の道あるいは普通の医者の道に進んでいたのかもしれません。人間は論理に弱いですから、若いと勉強不足もあって、反論することができず、論理的敗北は主義主張の受け入れに繋がったと思います。しかし、そういう時代でしたので仕方ありません。やり直しは効きません。

 菅首相が浜岡原発を止めるよう言ったとか話題になっています。わたしは、高く評価してもよいのじゃないかと思いました。やぶれかぶれなのかもしれないが、全原発停止・廃止に持っていけると素晴らしいですね。


渡辺より  5.9

 おはようございます。ゆうべは早々と眠ってしまいました。夜中に野良猫が来て、「がたがた」と網戸をゆするので、起きてご飯をあげています。外にだしておくと、朝方カラスが来て食い散らかします。私はカラスが来てもかまわないのですが、普通は嫌われている鳥なので、近所に気を遣います。ほかに山鳩が来て催促するのでお米をあげています。冬のあいだは雀はまったく姿をみせなかったのですが、最近お米を食べに来ます。狭い庭でもいろんな動物が来て楽しませてくれます。

 そうですね。哲学。最近のキーワードですね(池田晶子さん)。それにしても高線量被ばくは幹細胞で治るのでしょうか? もちろん被ばくの程度によるでしょうが、JCO事故の医療記録をYOU TUBEで見ましたが、悲惨なものでした。ある時点であきらめて安楽死させたほうがよかったと思いますが、人体実験だったのでしょうね。

 先生は学生時代を否定的に見ているようですが、どうしてですか。私は大多数の転向者は高度成長を進め、諸悪の根源になったことと、セクトの争いから内ゲバになり、(「運動」というと)世間の人々から犯罪者同様に見られるようになったことを恨んでいますが、いまでも転向していない少数の人(先生とか小出さん)を尊敬しています。

 浜岡原発は止めると言っても2年間だし、ほかの原発は止めないと言っています。2年間でも止めないよりはいいけれど、あまりうれしくもありません(私は疑い深い性格なので)。それに御前崎市長が地元の意見も聞いていない(推進でしょう)と言っています。信じられませんが、まず地元ですよね。若狭湾のほうの首長選挙も候補者自体に反対を言う人はいなかったそうで、まったくもって信じられない話です。地元の人たちはこんな福島をみても恐くないのでしょうかね。そこまで無知なのか、それともほかに仕事がないなど完全な絶望のうえの選択なのか。もしそうだとしても、何か認識の間違いがあると思います。人間が、福島のように耕してきた土地を捨て、家畜を犠牲にし、故郷を離れることをよしとするなんて。それとも、事、ここに至ってまだ自分とこの原発は安全だと信じているのか??? 彼らの気持ちが想像もできません。


Dr.Aより  5.9

 こんばんは。放射線障害については私は素人です。虎ノ門の医者たちは骨髄移植のようなつもりでいるのでしょうが、幹細胞の移植だけでは治療にはならないと思います。色々な臓器のダメージがあるでしょうからね。近藤先生に訊くと馬鹿じゃないかという答えが返ってきそうですね。

 日曜日は競馬に熱中し、一着を4回当てました。今年は、ついているのかもしれません。毎週、馬券を買うことにしました。

 私は今はもう社会主義や共産主義は否定しているのです。特にレーニン以降の社会主義運動論は全面否定しています。一般にスターリンはダメだがレーニンは良いと言われるのですが、諸悪の根源はレーニンにあると私は思うのです。こういう結論に達して、左翼思想からさようならしています。マルクスの著作をたまに読むのは、物事の分析に役立つからです。あるいは、面白いからでしょうか。

 原発ですが、そこが菅の情けないところなんですね。将来的に原発は無くすべきだとなぜ言えないのか。どうしようもない風見鶏で揺れていますね。やはり、国民はついていかないですね。せっかく褒めたのにアホらしい。やはり、哲学が無く、格好だけの人間なのかしらね。でも、他に誰かいるのかな。小沢も、仙谷も曲者だし、他の政党にもいなし。原発問題はアメリカの指示にしたがっているようですので、日本には政治家は必要ないのかも。いらねーな。


渡辺より 5.11

 こんにちは。幹細胞の件、金曜日、友人に会いに慶応病院に行くので、近藤先生に聞いてみます。私は用事はないけど、いま、暇だからいいでしょう。いつも自分の病気と関係ない質問ばかりして変な患者ですね。

 先生が競馬場にいる姿はあまり想像できませんが(ばんえい競馬以外一度も行ったことがないし)、気持ちが明るくなることはいいと思います。

 もちろん、いまの先生が共産主義や社会主義を否定していることは知っています。いまでも肯定しているのは中核派くらいのものでしょう。でも、学生時代にそれがよいと思ったことまで否定することはないのではないでしょうか? あの時代は数年の差で体験がまったく違うので、私にはまったくわかりませんが、そういう時代だっただろうし、個人ではなく世界全体で思想というものは変化していくものでは? 人類が思想的な面で「進化」しているのかどうかは、これも無知でわかりませんが。

 ちょうど10歳年上の友人(教え子の親)が旧ソ連を訪ねたことがあり、レーニンのバッジをおみやげにもらったのです。私はレーニンもなにもわからないので、うれしくもなく、もらいっぱなしにして、どこかに行ってしまいましたが、彼に今度聞いてみたいと思います。長い話になるだろうなあ。

 政治家、いらねえと私も思います。現場をよく知る自治体職員がそれぞれで運営していけばそれが一番と思います。と言っても、今度はそこで汚職が起こるのか・・・。人間、もういいや。


Dr.Aより 5.11

 こんばんは。レーニン主義というのは、暴力革命など目的のためには手段を選ばないことと、独裁を容認していること、前衛党の必要性を強調していることや、資本主義も種々の要素の社会化によって社会主義的にならざるを得ないというような楽観的な主張を持っていることなどでしょうか。

 独裁はプロレタリアと聞こえはいいですが前衛党である共産党の独裁にすぎません。レーニンを受け継いだスターリンによって、レーニン主義は国民すべての階級を抑圧し、一部の労働貴族による支配体制を構築していったと思います。レーニンはかなり神格化されていて、その実像についてわかってきたのは最近のことといわれます。スターリンと同じく感情に流されやすい人間で、スターリンよりも粗暴であったなどと言われます。革命時、多くの死刑も命じたらしい。当時は銃殺刑ですかね。スターリニズムを否定する人は多いですが、その源はレーニンでありレーニンも否定されなければならないと言う人は少ないようです。

 私は、こういう結論に達して「おさらば」できたので、内心良かったと思っています。今でも信じて活動している末端の組織員は可哀相。彼らは労働貴族のために働かされているということを知らないのです。きっと人民のためにと思っているでしょう。貴族が高級レストランで食事していることを知らないのです。


渡辺より 5.12

 講義してくださってありがとうございます。人間というのは結局「自分さえよければ」なのでしょうね。「プロレタリア独裁」などという美辞麗句があるから、共産主義においてひどさがクローズアップされていますが、人間の権力志向、金志向は資本主義においても同じことだと思います。特に「自由と民主主義」のアメリカにおいて。日本は特別な支配階級は別として、ついこのあいだまでは格差もそれほどひどくなかったと思います。日本がこうなった犯人はやはり競争や効率至上主義を進めた小泉ですね。貧乏でいいからのんびりした昔に戻りたいです。

 中核派は杉並区議会議員の議席を失いました。(中略)杉並区議会は完全に腐りきっていて、政治的な取引で決まる部分が多く、せっかくの少数派なのに影響を及ぼさんとして多数派に取り入る議員もいます。まあ、それが政治家というものなのかもしれません。ほとほといやになってしまいます。区議会いらねえ。


Dr.Aより 5.12

 こんばんは。講義をしているつもりはありません。世の中にレーニンを賛美する向きが少なからず見られるもので、余計なことを言ってしまいました。大学病院にいる頃に中核派で熱心に活動している女性がいたのですね。純粋な人で、退職してからも地道に活動を続けていると近くに住む同じ組織の人から聞きました。T大病院の中核派というと彼女のことを指すらしいですね。このように組織末端で真面目に活動する人がいる反面、上層部は腐っていることが多いようですね。だから、組織は大嫌いというわけです。いわゆる労働貴族になって甘い汁を吸っている奴がいる。

 労働組合の幹部も同じで、将来は会社の幹部の地位が保証されていることが多いようです。御用組合はJR東日本労組が代表格ですね。だいぶ前に革丸の松崎が誕生だか還暦を祝うパーテイーを開いてインタナショナルを合唱したと報道されていましたが、お遊びも甚だしい。いい加減にしろだ。

 昔、共産党の議長や幹部がCIAに飼われていたと言う報道がありましたが、なるほどとあきれてしまいました。不破という人はレーニンの研究で一目置かれているらしいが、昔購読していた山と渓谷という雑誌にプライベートな山小屋を建てたとありました。お金があるのでしょうから、どんな家をどこに建てようが自由でしょうけど、庶民感覚からはずれているような感じがします。レーニンも別荘を持っていたようですからね。とにかく前衛党はいらねーかな。こんなものいらねーというのが一時流行りましたが、考えていくといろいろありますね。
[PR]

by lumokurago | 2011-05-13 18:35 | Dr.Aとの往復メール
<< 近藤誠医師に聞く(原発事故より... 杉並区議会は根回し区議会 >>