暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

児童養護施設の子ども

 「もうすぐ死ぬ」ということで自分の人生のまとめをするために、20代なかばから作りつづけてきたミニコミ誌を読み返し、そのなかからみなさんに読んでいただきたいものを掲載してきました。前回の「いまどきの子どもたちと私」のあとは、児童養護施設の子どもたちとのやりとりが延々と続きます。

 「いまどきの子どもたちと私」のときの児童館の近所に児童養護施設があり、そこの子どもたちも児童館に遊びに来ていました。その施設で学習指導ボランティアを募集していることを知り、見学のつもりで行ったところ、中3の子どもに引きあわされその子の担当が決まっていないということで、一度顔をあわせてしまった私としては断ることができず、その子の担当にならざるを得なかったのです。

 私の性格ですから、担当となった子どもとはとことんつきあいました。家庭ではなく施設で育った子どもがどんなふうなのか、それは長年子ども相手の仕事をしていた私にとっても想像を絶するものでした。どうしていいかわからず、無我夢中の日々でした。

 記録は本にすると何冊分もあると思われ、とても全部ここに載せることはできませんが、次回から節目節目にまとめた文章を載せたいと思います。
[PR]

by lumokurago | 2011-05-18 18:01 | 昔のミニコミ誌より
<< 若狭の海 姫野洋一 野川公園 >>