暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

異端の科学者・異端の医者

 いま、40年間も原発をやめさせるために原子力の研究をしてきた小出裕章氏(や熊取6人組)が反原発の星となっています。彼らがあんなにがんばったのに原発をやめさせることはできなかったのは、おもに多数派である産官学の原子力ムラのためでした。金儲けしか頭にない人間は人の命などなんとも思っておらず、自分たちも信じていないのに(先日の動画の斑目委員長のセリフ「原発が安全なわけない。あんな怪物」)「原発は絶対に安全」といいつづけてきたわけです。なにかにそっくりではありませんか。

 そうです。医療です。がんの早期発見理論は破たんしているにもかかわらず、ますます推奨されるがん検診。必要のない薬を売るために、病気でもないのに病気のレッテルを貼ろうとして行われる健康診断。ハイパーレスキュー隊と同じほど被ばくするCT検査も日常茶飯に行われています(ちょっと頭を打っただけの健康な子どもにも1回のCTで20ミリシーベルトを超えて被ばくさせています)。そして毒性が強く命を縮める抗がん剤が延命すると言いはっている。

 Dr.Kが20年以上がんばっているのに、やはりやめさせることはできません。それも少数派の雑誌ではなく文藝春秋という多数派の雑誌に書き続けているのに。本もたくさん出してきたのに(七つ森書店とか八月書館とかかもがわ出版ではありません)。これも産官学癒着の金儲け大好きな医療ムラの結束が強固だからです。多数派はお金が大好き。(しかも日本の医者は勉強してない。それはおもに英語ができないため最新の知見の載っている英語の論文が読めないからだとDr.Kは言う。だから日本の医療は欧米に比べ非常に程度が低い)。

 原発事故は被害がわかりやすい。だれでもこれは大変だと思う。子どもを守らなくちゃと思う。

 見えにくいけれど医療の世界も同じです。手術も抗がん剤治療も、そしてハイパーレスキュー隊と同じくらい被ばくするCT検査も被害をつくりだしているのです。医療として行われる行為は、患者を治すためにやられるのでなければ犯罪行為です。体を切り刻む、毒を飲ませる(抗がん剤のみならずすべての薬には副作用がある)、被ばくさせる。これでほんとうに治しているのか? むしろ有害なのでは? 医療の世界では医者も患者も病気を治すためにやっていると錯覚させられているので、気づきにくいだけです。例えばがんで手術して後遺症で苦しんでも、「がんだったんだから仕方ない」と思いこんでしまう。しかし、手術で果たしてがんは治ったのか? それに人間、病気になると不安を煽られ目が曇らされてしまいます。だから真実が見えにくく、科学的根拠がないのに宗教のように医療を信仰しています(わずかですが必要で役に立つ医療もあります)。
 
 ちょっと頭を打っただけで健康な子どもを原発事故以上に被ばくさせるCTから、子どもを守らなくちゃ。放射線被ばくに敏感になるなら、医療の持つ隠された欺瞞性にも敏感になりましょう。そして無用で有害な医療を拒否しましょう。
 
  近藤医師の本を読んで勉強してください。異端の科学者が希望の星になったいま、異端の医者にも目を向けてください。

 推薦図書  『成人病の真実』
       『患者よがんと闘うな』
       『あなたの癌はがんもどき』

 医者不足なんて大ウソで、医者や製薬会社のために患者がつくりだされているのです。有害無益な医療をやめ、必要な医療だけにすれば、医者は少数精鋭でよくなり医療費も激減するのです。原子力発電が一番安いなんて大ウソだった。小出さんが「絶対に使えるようにはならない」と言うもんじゅに1兆円も無駄遣いしてしまった。医療の世界でも原子力の世界でも、金に群がる人びとに税金がぼったくられているのです。

 拙著もぜひお読みください。『乳がん 後悔しない治療』径書房
[PR]

by lumokurago | 2011-05-27 09:32 | Dr.K関連記事
<< 田代島の猫たち 慶応大学医学部専任講師 近藤誠... >>