暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

南葛飾高校定時制の実践

 社説:君が代起立判決 現場での運用は柔軟に (毎日新聞)

 学校行事の君が代斉唱時に起立を命じた校長の職務命令は、「思想・良心の自由」を保障した憲法19条に違反しないと、最高裁が初めての判断を示した。卒業式の君が代斉唱で起立しなかったことを理由に、定年後の再雇用を拒否された東京都立高校の元教諭が損害賠償などを求め訴えていた裁判だ。

 公立学校の教職員に対する君が代斉唱・起立をめぐっては、基本的人権としての19条と、「全体の奉仕者」として上司の命令に従わなければならない地方公務員の立場のどちらに重きを置くかにより、司法判断が分かれてきた。

 今回の裁判も1審の東京地裁は09年1月、職務命令は合憲としながら、定年前の一時期は命令に従っていたことから「裁量権の逸脱」として都に約210万円の支払いを命じた。だが、東京高裁は同10月、「都には広い裁量権がある」として元教諭の訴えを退けていた。

 元教諭は、「日の丸」や「君が代」が戦前の軍国主義との関係で一定の役割を果たしたと主張した。最高裁は「国歌の起立・斉唱行為は、式典における儀礼的な所作であり、職務命令は、元教諭の歴史観、世界観それ自体を否定するものではない」と、判断した。

 ただし、最高裁は「君が代の起立・斉唱行為には、敬意の表明の要素を含み、思想・良心の自由に対する間接的な制約となる面があることは否定し難い」との考え方を初めて示した。その上で、職務命令をする場合は、その制約が許される程度の必要性や合理性があるかの観点から判断すべきだと述べた。

 命令の目的や内容、制約のあり方によっては、認められない場合もあり得ることを示したものだ。

 須藤正彦裁判官は、補足意見で「本件職務命令のような不利益処分を伴う強制が、教育現場を疑心暗鬼とさせ、無用な混乱を生じさせ、活力をそぎ萎縮させるということであれば、かえって教育の生命が失われることにもなりかねない。強制や不利益処分も可能な限り謙抑的であるべきだ」と述べた。

 同感である。99年に国旗・国歌法が成立した際、過去の歴史に配慮して国旗・国歌の尊重を義務づける規定は盛り込まれなかった。教育現場の自治や裁量に委ねることが本来、望ましい姿ではないか。

 大阪府では、公立学校の式典で君が代を斉唱する際、教職員に起立・斉唱を義務づける全国初の条例案が府議会に提出された。今後、違反した教職員の処分基準も定める方針という。最高裁判決は、過度のペナルティーを認めたものではない。その点を踏まえた議論が必要だ。

毎日新聞 2011年5月31日 2時30分

*****

 この「元教諭」申谷(さるや)雄二さんは都立南葛飾高校定時制(南葛)で長年に渡り、いろいろな事情で定時制に来た高校生と文字通り格闘してきた。在日の生徒が多いため朝鮮語の授業もある(李政美=イ・ジョンミさんはここの出身)。林竹二さんも竹内敏晴さんも授業をした。その実践は『授業による救い』(林竹二著・径書房)などに詳しい。

 私が面倒をみていた養護施設出身のKは中卒で施設をでて、寮つきの就職先に就職した。いまから思えば彼が定時制に通うなど土台無理な話だったのだが、そのころの私は希望に燃えていたので(?!)、どうしても彼を高校に入れたかった。(私が泊りボランティアをしていた)自立援助ホーム・憩いの家の寮母さんも「たとえ中退したとしても高校生活を少しでも経験しているとしていないじゃ全然違う」と言っていたし。

 それで南葛の申谷さんを訪ね、Kを入学させたのである。そのころの南葛には申谷さんだけでなく、すぐれた実践を行っている教員が集まっていた。彼らがKの面倒を見てくれた。

 しかしとても、とても、Kは定時制に通えるようなタマではなかった。仕事だって親切な社長さんや先輩に起こされ(朝、起きられない)、実の母親が給料日に来て給料を全額持っていってしまえば、前借りさせてもらい、ご飯をおごってもらって・・・ようやく仕事に行っていたのだから。

 思いだすといろいろなことがあった。申谷さんと一緒にKの部屋を訪ねたこともあった。でも無理なものは無理なんだよね。どんなにまわりが一生懸命になっても、本人に生きる力が育っていないのだもの。

 申谷さんにはほんとうにお世話になった。こんな力のある教員を再雇用しないなんて、いまはますます増えているであろう大変な境遇にある定時制高校生のためにものすごい損失である。

 都教委は日の丸君が代に頭を下げていれば、生徒を教育する力などどうでもいいのか。力のある教員ほど抵抗すると思うよ。

 大阪の橋下知事も日の丸君が代に頭を下げなければ即クビ! 管理強化するばかりで、生徒を育てる力のある教員はいらないらしい。そういう教員がいなくなれば、お上にへーこらする教員ばかりになり、お上は気持ちがいいだろうが、子どもたちはどうなるの? 子どもの教育なんかどうでもいい=見捨てるってことだぜ。
[PR]

by lumokurago | 2011-05-31 15:11 | 子ども・教育
<< 『抗がん剤は効かない』 『戦後思想を考える』 その4 >>