暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

『抗がん剤は効かない』

c0006568_9573099.jpg
 大サービス! 新聞広告をスキャンしました。Dr.Kに弟さんがいたこと、この本ではじめて知りました。1年360日研究室に通い、勉強と執筆の日々を送っていたことも書いてあります。このことは以前もどこかに書いていたけど(あるいは誰かのインタビュー記事だったかな)、抗がん剤ワールドがあまりにひどいので、いよいよ自分がどんなに勉強したかを言いたくなったのかなと思いました。『がん専門医よ真実を語れ』のなかで、若い医者がDr.Kは日本中の医者のなかで一番勉強していると言っていました。それに別の本ですが、がんで無治療の患者をもっているのは世界で自分が一番多いとも書いていましたね。無治療の患者の経過観察期間が長くなり、治療した場合よりも長生きしているそうです(『あなたの癌はがんもどき』参照)。

 ほかに「(自分は)抗がん剤ワールド全体を相手にしているのだから、そんなこと知らないはずない」と批判者に言う場面も。その批判者はDr.Kのことを「初心者(!)にありがちな間違い」みたいに言ったので頭に来ていたのだろう。Dr.Kを「初心者」と切り捨てるなんてすごい挑戦的な医者たちだなあ。(週刊文春の批判記事)。

 それからちゃんと勉強して確信をもっていなければ、『抗がん剤は効かない』などという断定的なタイトルをつけるはずがないとも。そうですよね。人のいのちがかかっているのだから。(私はもともとそう思っていましたよ)。

 抗がん剤の生存曲線の解説などは突然この本だけ読むとむずかしいと思われます。勉強したい人、マニアのかたにはお勧めですね。もちろん抗がん剤治療をやるかやらないかで悩んでいる患者、毒性(副作用)に苦しんでいる患者などには読んでほしいです。『がん治療総決算』などを先に読んでからのほうが理解が深まると思います。

【追記】この本のなかで、拙著『乳がん 後悔しない治療』を紹介してくださっています。緩和ケアで薬を使いすぎているという文脈で、私が9種類でていた薬を1種類に減らしたことに触れ、緩和ケアに関心のある人びとの役に立つだろうと書いてくださっています。
[PR]

by lumokurago | 2011-06-01 10:51 | Dr.K関連記事
<< 内海さんの写真より 南葛飾高校定時制の実践 >>