暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

3.11以後のDr.Aとのメール その11

 ご無沙汰しました。猫話のピックアップからはじまります。最初のほう、その他の話題は過激につき掲載不適当なので省略しています。


Dr.Aより 5.23

 ところで、子猫が二匹生まれました。本日裏の方で泣いているなと見てみたところ、母猫が散歩させていました。もうだいぶ大きくなっています体長十五センチくらいありますかね。可愛いです。隣で生んだらしく、母猫は当院で食事をし、通ってミルクを与えていたのでしょう。去年も同じような鳴き声が二階のベランダで聞こえていたのですね。入院する一週間前頃だったと思います。当院の猫(注:同じ母猫=野良猫が去年ベランダで産んだ子猫が居ついてしまい飼っている)は未だに親離れできず毎食事時に母猫の来るのを待っています。一度もベランダから外へ出たことがないので、世界のことが全く分かっていません。臆病で出ていかれないようです。


渡辺より 5.24

 子猫はよそで産まれたなら、先生の責任で飼わなくてもいいのですか。でもまたベランダに連れてくるかもしれませんね。困りますね。ベランダの猫(去年の子猫)もつかまえられないのでしょう? 今年の子猫もたぶんつかまらないと思います。このあいだ野良猫の世話をしている人に聞いたら、野良猫の母猫は子猫が生まれるとすぐ、人間は恐ろしいものだとしつけるそうです。つかまえるためにはえさを入れ、しかけをした檻が必要とのことです。大変です。


Dr.Aより 5.24

 猫はどこへ行くかしら。家の猫との相性で決まりそうです。ベランダが一番安全ですが、すでに当家の猫が陣取っています。犬もいますからね。バカ犬で猫が弱いと思っているのか、やたら追いかけるのです。そのうち痛い目にあうかもしれません。今、母猫をどのようにつかまえて避妊手術をするかという話にご近所でなっています。


Dr.Aより 5.27

 生まれた子猫は結局3匹で、当院の裏の駐車場に来るようになりました。母猫がしっかり見張っています。安全と判断しているようですが、捕獲するのは無理のようですね。

 痴呆と癌については、癌が先のほうがいいように思っています。私の母親が大腸がん、肺がんと続けて手術摘出して結局アルツハイマー病になりました。ガンもどきでなければよかったのですが。現在は寝たきりで、胃ろう。最悪の状態で生かされている。父親はそれでよいといっているのですが、困ったものです。感情移入していまして、呼びかけに反応があると思っている。父親は90歳なのですが、(私が)先に死ぬんじゃないのかと脅してきました。


渡辺より 5.28 
 
 こんばんは。猫が増えていよいよ猫医院ですか? うちならうれしいけど、野良猫はなつかなくて甲斐がないです。1匹だけなでさせるのですが、すぐにでていってしまいます。

 お母様はお父様がそう思いこんでいらっしゃるなら、それはそれでいいのではありませんか。それでも生きていてほしいと思っていらっしゃるのでしょう。夫婦の間には子どもも入り込めません。(なんちゃって、結婚もしていない私がこんなこと言うのは生意気ですね)。


Dr.Aより  5.28

 本日、競馬場は大荒れで、銀座に出かけている間にレースは終わり、1レースも当てることができませんでした。明日、パソコンにかじりついて頑張ります。ルーレットと同じですから、サイコロを転がして決めるのがいいのかもしれません。

 患者さんには迷ったときはサイコロがいいですなんて言っているのです。薬を飲んだほうがいいかどうか迷うような場合です。最終的に決めるのは患者さんですね。しかし、決められない場合はサイコロを勧めます。しかし、私は現実にはサイコロは振らないほうです。間違っているかもしれないと思っても、自分で決定し先に進む方です。

 福島原発の現場のトップは自分が一番だと思っているようですね。本社の馬鹿どもに言ってもしかたがないので自分で勝手に決めていったのでしょう。結果から見るとそれしか方法がなかったようですね。菅首相はせっかく浜岡を止めたのだから、全部廃止にすると言うと良いと思うのです。破れかぶれでね。自民党政権に戻ると、それができなくなるので、今がチャンスです。

 しりとりゲームのような文章になってしまいました。患者さんのなかには、広島へ逃げた人がいます。東京も実際はもっと高い放射線量のようですね。若い人は西へ移ったほうが良いかもしれませんね。


渡辺より 5.29

 雨降りでも競馬はあるのですか。原発のがれきなどの放射性物質が雨で流されます。海へと流れていくのでしょうか。もう爆発はないかもしれませんが、メルトダウンした燃料を閉じ込めることはできないでしょう。海の汚染は止められません。宮城や岩手の漁師さんたちは船を直したりして漁をつづけるつもりのようですが、汚染のせいでだめになるでしょう。これから空気の汚染より海の汚染が深刻になりそうです。

 文科省が20ミリシーベルトを撤回したようですが、福島市や郡山市の子どもは疎開させたほうがよさそうですね。でも最もひどい汚染はもう過ぎてしまいました(3月15日とか)。どのくらいかわかりませんが、すでにかなり被ばくしているでしょう。これから疎開させてもそれは取り戻せません。それに親から離すのもどうかと思います。メンタル面でのマイナスと被ばくと、どちらが影響が大きいのかはむずかしい問題だと思います。

 薬を飲むか飲まないかを決めるのにサイコロをすすめるお医者なんてはじめて聞きました。おかしいなあ。そこまでしても自分で決めさせるということですね。それなら納得です。私も決断は早いほうで、えいっと決めてしまいます。迷うということはあまりありません。やはり合理的な性格なのだと思います。

 ところで今日ご近所で話していたのですが、チェルノブイリの子どもの甲状腺がんはみつかれば手術しているようです(手術跡をチェルノブイリネックレスなどと呼ぶ言葉まである)。普通の甲状腺がんにはがんもどきが多いですよね。被ばくによる甲状腺がんはどうなのでしょうか? 今度近藤先生に会ったら聞いてみようと思いますが、「抗がん剤は効かない」をだしたためか、急に患者が増えた様子です(いま放射線治療中の患者の話)。(後略)
[PR]

by lumokurago | 2011-06-04 18:01 | Dr.Aとの往復メール
<< 近藤誠・やっぱりがんと闘うな いつ死ぬんですか? >>