暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

声なき声



 でびさんより教えてもらいました。

 OurPlanet-TV 新宿アルタ前広場に2万人〜脱原発訴え全国同時アクション
 5分13秒くらいから、原発労働者の話をする女性がいます。必死で話して、最後に人前に出るのが苦手だと言う姿に涙が出ます。

*****

 昨日、福島県川俣町山木屋の友人から電話がありました。現在、山木屋から川俣町内に避難しています。7月16日から3週に渡り、土日のみ「森の展覧会」を行います。福島の子どもたちを避難させようという「プロジェクトコドモタチ」による展示、イベントと絵画などのチャリティ即売です。そこに彼に来てもらって話してもらう予定です(日程は未定)。ジャーナリストなどの話よりもそこに住む庶民の話を聞きたいと思います。そしたら彼も「話せる人ではなく話せない人の気持ちを知ってほしい」と言っていました。

 ぼくなどはいい。山木屋に入植して40年経っても「よそもの」だったが、町内で育ち、町内に帰ればかえって友だちも多い。しかし部落の人というのはつながりが深く、その人びとが避難によってばらばらになっている。年寄りだけ別の場所に行ったりして、一家離散も多い。

 東北人というのは我慢してしまう。口下手で話などできない人がほとんどだ。義援金が配られて、避難所で鬱々としている人が気晴らしにパチンコに行ったりするようになった。炊き出しなどをして支えてきた人たちはそれをよく思っていない。どちらの気持ちももっともな面がある。

 飯館村のHさんがどこにでも行き話をすると申し出ているようだ。確かにHさんは話がうまく、現役の酪農家であり、大変さがよく伝わってくる。しかし、話せない人が圧倒的多数。声なき声を聞いてほしい。
[PR]

by lumokurago | 2011-06-13 21:50 | 原発
<< 瓦礫の中から言葉を 作家・辺見庸 2011.6 からのDr.Aと... >>