暗川  


写真日記
by lumokurago
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
リンク
ご感想をお寄せ下さいmailto:lumokurago@yahoo.co.jp

嫌がらせコメントは削除させていただきます。

必ずしもリンクするHPの意見、すべてに同調するわけではありません。ご自分で情報を選んでください。

原子力資料情報室

小出裕章非公式まとめ

沖縄タイムス

暗川メインページ
私の下手な絵などを載せています。

杉並裁判の会
私たちの裁判の会です

ポケットに教育基本法の会

「つくる会」教科書裁判支援ネットワーク

もぐのにじいろえにっき
もぐちゃんのページ

プロテア
リリコおばさんの杉並区政ウォッチング

鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
松田まゆみさんのページ

熊野古道の路沿い
鈴さんのページ

風に吹かれてちゅちゃわんじゃ
小笠原父島で農業をやっているサエちゃんのブログ

三宅勝久さんのブログ
杉並区在住のジャーナリスト

カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

放射線被ばく CT検査でがんになる

c0006568_18142819.jpg
 今日慶応病院に行ったらDr.Kがこの本をだしていました。去年の12月から3冊目。がんばるな。

 「100ミリシーベルト以下は安全である」などの御用学者のウソをきれいに論破しています。CT検査について、文藝春秋掲載論文をより詳しく解説しています。医療被ばく問題について提起した日本ではじめての本だと思います。

 20ミリシーベルトと言いますが、どの程度の危険性があるのかは報道されていないと思います。大人が20ミリシーベルトを被ばくした場合、がん死亡率は0.6%上昇します。子どもの発がん死亡率は大人の2~3倍と言われているので、安全側にリスクを3倍とすると、子どもが20ミリシーベルトを被ばくした場合、がん死亡率は1.8%上昇します。

 人は放射線被ばく以外に事故死の危険のある自動車にも乗り、死亡危険率の高いタバコも自由に吸う、原発事故以上の被ばく線量である(8~9割不必要な)CT検査も受ける。そこで、この数字をどうみるか、リスク判断は本人(と親)に委ねられると彼は言っています。
 
 質問:子どもの場合、年間20ミリシーベルトで1.8%の死亡率上昇ということは、2年で3.6%、3年で5.8%・・・10年で18%・・・ですよね。セシウムの半減期が30年ということは30年経てばリスクも半分か・・・つまり58%の半分で、29%。

 30年住み続ければがん死亡率は29%上昇。この計算はあってますか? 

 今度質問してきます。
[PR]

by lumokurago | 2011-06-24 18:29 | Dr.K関連記事
<< 反原発裁判 歴史教科書8冊の読み比べ(20... >>